Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
Mumbai daysというブログタイトルながら、あまり日常生活を書けていない・・ということで、今日の帰宅時からの出来事をつらつらと書いてみる。

うちは一階(Grand Floor)で玄関の前が階段。鍵を開けていると、階段の上からおばさんの声がふってきた。初めて見る顔。こないだ引越してきた人かしらん。

「Hi,あなたその部屋借りてるの?」
-Hi,Yes
「家賃いくら?」
-21(K)です
「最初からその値段だった?それとも・・」
-今年の4月で一年経って、4月から21になったの。初年は20でしたよ。
「デポジット(敷金)はいくらだった?
-ここ会社のフラットだから・・知らないんです。
「そう、またね。」
-どうも!

・・こんな風にいきなり家賃だけ聞かれたのは初めてだけど、給料を初対面で聞かれたりするのは全然めずらしくない。むしろちょっと知りあった位の人との最初のどうでもいい会話が給料はどの位?だったりする。移住して一年目、テイラーに突然給料聞かれたときはびっくりしたけど、今は犬の散歩しているおじさんとかに聞かれても、もう驚きはしない。

ちなみにここでは長く住めば住む程、家賃があがる。東京にいたときには、契約更新時に家賃は値切れるものだったのに。ここでは大家が住人に早く入れ替わって欲しいのだ。

家に入り、手紙受けにも床にも、この間支払ったインターネット料金の領収書が届いてないことを確認してから、担当者の携帯へ電話をする。

-もしもし!YKだけど。
「うん、なんだい」
-・・・ビル・ナイーン・アーヤー・ヘー!(領収書が来てないんだってば!)(この人にはヒンディしか通じない。)
「あー、明日あげるよ、明日(カル)!」

支払った日からそう言われ続けて既に二週間以上経っている。そして今日の電話は3回目の催促なのだ。

-カル??パッカ??(明日って、本当??)
「パッカ、パッカ」
-(通じないのが分かっていつつも、英語で)絶対明日届けてよね!ずっと明日って言って来てないんだから!!(と言わずれにおれず。)
「カル、カル」
-・・TK(Ok)

ここであまり怒ってはいけない。次電話したときに、無視されてしまったりするから。かと言って、催促しなかったり、プッシュしなさすぎても一生来ない。・・その匙加減はいまだにむつかしい

今日はIPL(クリケット)の大事な試合!テレビをつけて観戦しつつ、ご飯の支度を始める。クリケットは一度始まったら1イニング、約1時間半程度かかる。その間は1オーバー(6球)毎に、20秒程度のコマーシャルが入るだけ。なかなかせわしい。

ビートルート今日の夕飯は簡単ご飯!茹でてギー(澄ましバター)とスパイスとあえるだけの、ビート・ルートとパニール(カッテージ・チーズ)のカレー。

かなり自己流だが悪くない。ビート・ルートは最初リンゴみたいに剥いていたが、ある日栗の渋皮を剥くようにするといいことに気づいた。端っこに包丁をくいこませて皮をひっぺがすように剥く。そうするときれいに剥ける。

ピンポーン

ビート・ルートをカットした後の手ビート・ルート料理中は手が真っ赤になる。でも、領収書がさっそく来たのかも知れないし、、と慌てて手を洗って玄関へ。

ドアを開けると、近所のレストランの配達人。

「ここBパッチス(25)ですよね。Bアタイス(??)ってどこですか?」(ヒンディ)
-・・そうここはB25。でもアタイスがどこだかは知らない・・。

えーと、アタイスって、18だったっけ?と思いつつ、食事の支度へ戻る。ヒンディの数字もいまだに苦手。ややこしい。(因みにアタイスは28だった。18はアターラ。)

ビート・ルートの茹で汁は本当にキレイ!うちの団地の構造はやたら難しいので、こういう○番の家はどこですか?ピンポーンは非常によくある。デリバリー大国なので仕方ないが、真夜中に来られるとさすがに迷惑である。

そしてB25とはBウィングの25番ということだけど、1階なのにうちがなぜ25なのか?-その謎解きをしないままここに住んで一年が過ぎた。つまりはわたしもいまだにどういう番号振りになっているのか理解していないから、いつも答えられない。

ビート・ルートは生のままでも、ニンジンみたいにかじれる。嫌いじゃないが、すごく土臭い。茹でると食べやすくなる。身体にとてもいいと言われている野菜だ。ビート・ルートを茹でているところは、母がジャムを作ろうとブルーベリーを煮ている様によく似ている。

ご飯が炊けたころ、IPLの後半戦が始まった。今日はいつも応援している地元-ムンバイ対(日頃から敵視している)チェンナイ戦。

IPL観戦しつつも、お気に入りのご飯をしっかりあじわう。わたしは家でカレーを食べるときは手で食べる。その方がしっかり五感を使って味わえるのだ。ビート・ルートをご飯とまぜると、本当に鮮やかなピンク色になる。そして手もまたピンクに染まる。

RIMG2423.jpg

うーん・・追う側にまわった、ムンバイチーム。いい感じに追い上げていたのに今日は負けてしまった。うぅ、悔しい。次回また頑張って!!
スポンサーサイト
・・どこまで説明すればいいのかよく分からなくなってきてしまっこの入門編、しまりがなくなってきたのでこの辺で最終回。

今回はとりあえず、クリケット観戦の盛り上がるポイント!を。

1)ウィケット!(=アウト!)

アウトには幾つも種類がありますが、一つは『~入門編!その2』で紹介した、RUN OUT。返球されてきたボールがバッツマンが戻るより先に、ウィケットに当たったらアウト!

もう一つは、CAUGHT。その名の通り、打球をノーバウンドでキャッチした場合で、つい先日見た、すごいプレーを一つここで紹介。

飛んできた早い打球を、内野側からバックしながらバウンダリーの直前で直接キャッチした後、自分の身体の勢いがとまらないので身体がバウンダリーの外にでる直前に空中にボールを一旦放り投げ、身体を外に出し体勢を整えた後フィールド内に戻って、落ちてきたボールをキャッチしてました

ボールはノーバウンドのままフィールダーが直接キャッチしたので、ウィケット。バッツマンはアウトになりました。

※コルカタ・ナイト・ライダーズというチームに所属するEoin Morgan選手の、この素晴らしいキャッチングの映像は、下のリンク(3:20~スローモーション付)で見られます。
IPL Report : Match 53 – MI vs KKR

あと、やはりバッツマンが空振りしたボールが直接ウィケットにあたってアウトになるケースも見応えがあります。スタンプの上の横木がパーンッと弾けて爽快なのです(下の写真参照)。

wicket_kkr.jpg


2)シックス(6)フォー(4)と呼ばれるバウンダリー

野球で言うところのツーベースがフォー(4)、ホームランがシックス(6)と呼ばれてます。

フィールドの外周にはバウンダリー(Boundary):境界線が敷かれていて(『~入門編!その1』の最初の写真を参照)、ボールが、フィールド内でバウンドした後バウンダリーに当たった場合はフォー、フィールド内でバウンドせず、直接バウンダリーの外へ飛んだ場合がシックスです。

4-6.jpg

観客はバウンダリーが出ると、写真のように4や6と書かれた紙を振って歓声をあげて喜びます

6-2.jpg

この写真はシク教徒の多いパンジャブ州のチームの日のものなので、ターバンを巻いた人が目立ちますね。因みにターバンを巻くのはシク教徒の人だけ!『~入門編!その3』で掲載した2枚目の写真のボウラー、ハルバジャン・シンが頭に巻いているのも、ターバンと同じ、シク教徒の人がしています。(彼はヘルメットが被れるよう、普通よりもかなりおでこよりにお団子を持ってきている気がします。)因みにシク教徒の人はバイクを乗るときにヘルメットをかぶっていなくても警察につかまりません。宗教的なこととは言え、ノーヘルは非常に危険なのですが

6_20130513031258.jpg

そしてこちらは、なぜか化粧がマリリン・モンローのようなチア・ガール(左)。

話をクリケットに戻しましょう。

クリケットは野球と違ってピッチが球技場のど真ん中にあるので、ボールを一発でキャッチしてアウトにできなくても、フォーにならないようにボールをとにかくまず停めてピッチへと返球すればシングル(1ラン)、または2で済みます。

よってフィールダーは必至にフォーにならないよう頑張ります。

下の写真の三角注のクッションのような、PEPSIやYES BANKと書かれているのがバウンダリー。このバウンダリーにはボールだけでなく、ボールをキャッチしたプレーヤーの身体が触れてもダメ。

なので、ダイブしてボールをキャッチした後、自分の身体が走ってきた勢いでバウンダリーに突っ込んでしまうときは、自分の身体がバウンダリーに触れる前にボールを離し、バウンダリーに触れないようにフィールド内に戻します、とにかくボールだけフィールド内にとどめるのです。わたしは、このあたりに選手の力量が現れるのでフィールディングを見るのがとても好きです。

boundaries.jpg


・・ほかにも色々と見どころがありますが、とりあえずこんなところで。

他のスポーツ同様、クリケットもルールを知ってたくさん試合を観れば観る程おもしろくなってくるので、チャンスがある人は是非観てみてください。

例えば・・キャプテンには360度に散った各フィールダーのポジション指示の他、この打順を決めるという重大な任務もあります。

クリケットではバッツマンはアウトになるまで、ずっとプレーができます。IPLに関して言えば、IPL T20と言って、一試合各チーム20オーバー(1オーバーは6球)ずつ。バッツマンが一人しかアウトにならなかったら、3人のバッツマンのみで攻撃を終えることもあり得ます。4番打者にはチャンスが来ないこともあり得る、ということでこれも野球とは違っておもしろいし、打順がとても重要です。

またIPLは一試合、約3時間半~4時間の所要時間ですが、一試合50オーバーある試合形式の場一日がかりとなり(しかも連日4-5日間行ったりする)、かなりのスタミナも要求されてきて、選手は様々な能力を総合的に試されます。

逆にIPLの場合は、短い時間=少ない球数で、多くのランを稼ぐ能力が求められたりします。

わたしはまだ一日かかる試合をじっくりと見たことはないのですが、バイクの耐久レース、鈴鹿8耐(8時間耐久レース)観戦の時のことを思い出すと、選手同様、観る側もなかなかしんどそうだけど、やはり一度はしっかり観てみようと思います。生のクリケット観戦も一度は体験したいですね。

おしまい。
ふたたび、今日はインドで他スポーツに大差をつけて圧倒的に人気のあるクリケットについて。

・・どの位人気があるかと言うと、ムンバイにもマンチェスター・ユナイテッド・カフェがあるのですが、マンUの試合がない日は-他のサッカーの試合ではなく-クリケットが放映されます。日本ではちょっと考えられませんが、ビジネスのため、この優先順位は止むをえない模様。

また少年たちは暇があればとにかく外でクリケット。うちの会社の年中行事でもクリケット・カップがあります。(わたしの初めてのクリケットの様子はコチラ。)

そういう場合、草クリケット(?)のボールにはテニスボールを使います。クリケットではウィケット・キーパーと呼ばれる、野球のキャッチャーと同じ位置にいる人以外は素手。グローヴをしているのはウィケット・キーパーのみ。例えテニスボールでも、打球を素手でとめるのは相当痛いし、足を使ったとしてもそれは同じ。なのに、実際のボールは野球のような革製ボール。これを素手でプレーしているなんて、、ちょっと痛すぎて想像できません・・

bat.jpg

ボールの次と言えば、バット。バットは写真を見てもらうと分かるように、片面は平たく、厚みもあります。クリケットではバットを持って走なければいけないので、自分にあった重過ぎないバットを選ぶことも大事です。

またボウラーには二種類、(野球で言うところのストレートを投げる)ファスト・ボウラーと(カーブを投げる)スピナーがいます。クリケットのルールではボールが手を離れるときに肘が曲がっていてはいけないため、写真のような投球フォームとなり、これも野球のそれと大分異なります。

spinner.jpg

上の写真はスピナー、下の写真はファスト・ボウラー。後者はピッチと同じ位の距離を走ってきて勢いよく投げます

fast bowler

ボールはバッツマンの手前でバウンスさせていいことになっており、バッツマンはバウンドしたボールを打ちます。

野球を見慣れていると、バウンドして球威が落ちたボールを打つクリケットは地味に見えますが、フルトスと呼ばれるバウンドしなかったボールを打つよりも、バウンドしたボールを打つ方が難しいとのこと。よって、ボウラーはなるべくボールをバウンスさせます。



~番外編~ なんというか・・ちょっと昭和を感じさせるクリケット・チームのチアリーダたち。何故か皆、ポンポンを使ってます。

mi cheerleaders

dd cheerleaders

csk cheerleaders

インドっぽい衣装を着ているのは、プネ・ウォーリアーズのチアリーダだけ(写真下)。上のチェンナイ・スーパー・キングのボトムも少しインドっぽいかな。

pw cheerleaders2

SH cheerleaders
前回に続き、今回もインドで絶大な人気を誇るクリケットについて、入門編その2!(現在22時。外は真っ暗!それでも窓から近所でクリケットを楽しむ近所の高校生~大学生男児たちの声が聞こえている。)

crick4.jpg

まずは復習。ボウラーが投げて、バッツマンが打って走って、ランを稼ぐ。一チームがまずひたすら攻めて、攻め終わったら交代。それぞれのチームがラン数を競います。これが原則。

今日はまず新しい用語の紹介!クリケット中継を見ていると、また仲間のクリケット雑談を聞いていると、しょっちゅうウィケットという言葉が聞こえてきます。ウィケットとは-実際には色々な意味で使われますが-写真にあるトリコロールの三柱門とその上に置かれている二本の横木、このM字型をしたものの呼称です。(三本の柱はスタンプ。)

またクリケットでは攻守の定義が野球とは逆であるということをわたしも最近知りました。このスポーツはウィケットの攻防戦であると。つまりバッツマンはボールがウィケットに当たるのを防ぐのが役目。よって空振りしても-ボールがウィケットに当たりさえしなければ、何度空振りしてもアウトにはなりません。野球のように三振してアウトになる、ということがないのです。

ただし空振りしてボールがウィケットにあたればアウトです。

rcb two batsman

また野球と大きく異なるおもしろい点はバッツマンがフィールドに二人いるということ。

ボウラーの側にもバッツマンがいて、二人のバッツマンはピッチの双方に立っているウィケットの間を、上手にお互いが入れ代わるように、そしてアウトにならないように、走らなければいけません。二人の呼吸を合わせることがとても大事になります。

打球が、バッツマンが反対側のウィケットにたどり着く前に、フィールダー(野手)から返球されてきてウィケットにあたったらアウトです。

下の写真では返球されたボールがウィケットに当たったところ。この倒れたウィケットに向かって走っている方のバッツマンがアウトになります。

wicket.jpg



下の写真は、ジュフー・ビーチでクリケットを楽しむ少年たち。この子たちはちゃんとクリケットセットを持参したみたいだけれど、少年らはクリケットをするとき、とにかく何かを3つ集めてウィケットを作る。棒状のものでなくても気にしない。路上だったら、それはレンガだったり、ブロックだったり。少年たちが帰ったあとに残された、太っちょレンガ三揃えを見かけるとなんだか微笑ましい。

DSCN4757_20130418025425.jpg
mumbai studium

COPYRIGHT:Sportzpics cc


つい先日「もっとちゃんと読み手に向かってブログ書いた方がいいよ」と友人にもっともなアドバイスをもらったばかりだけど、クリケットについて書いてみようと思います!日本で知名度ゼロのクリケット、ある意味書く意味があるのではないだろうか。・・ま、ないかも知れないけど書いてみます。

興味のある人にもない人にも-インドのスポーツと言えばクリケットなんだし、インドからちびちびこのスポーツを紹介します。

わたし自身は(サッカー観戦しつつ)横目でクリケットを観始めて約二年。まだまだ知らないルールが色々なところに潜んでますが、とりあえず楽しめる程度には分かるようになってきたところ。(間違いがあったらご指摘を!)

では、自分が知らなかった頃を振り返りつつ・・クリケット入門編スタート!



今インドでは、プロクリケットリーグ、IPL(Indian Premier League)がちょうど始まったところ。毎日テレビではどこかのチームの試合が放映され、参戦している9チームが総当たり戦で戦った後、4チームがプレイオフへ進み、決勝戦が行われるその日まで約二カ月間続きます。

写真は、そのIPLのオフィシャルサイトから借用

分かりやすくするために、大半の日本人がなじみやすい野球と比較して、説明します。

プレーヤーは一チーム11人(訂正!)
野球でいうバッターは、バッツマン、ピッチャーはボウラーと呼びます。

バッツマンがボウラーの投げる球を打って、走ってポイントを稼いでそのポイント数を争うという原理は野球と同じ。クリケットでは、走って稼ぐのでそのポイントのことをランと呼びます。例えば、野球だとホームランで4点入るところ、クリケットでは場外へ飛んだ場合は6ラン入るので、そのままSIX(6)と呼びます。

何はともあれ、まずクリケットのルールで一番始めに声を大にして伝えたいのは、一試合に一イニングしかないということ。一チームが攻め続け、相手チームが守り続けます。攻撃が終わったら交代して、ラン数が多かったチームが勝者

つまりバッツマンのチャンスは一試合に一回こっきり、一回アウトになったらその試合中にバッツマンとしての出番は(基本的に)二度と訪れません。

・・すごいルールですよね。これを最初に知ったときには、我が耳を疑って何度も聞いた覚えがあります。試合の準備とか大変だろうに一回のチャンスしかないなんて殺生なルールだなと今でもつくづく思います。

それから一番上の写真は、クリケットのスタジアム。野球と違って、ピッチがスタジアムのど真ん中にあります。テレビ観戦だと分かりにくいですが、実際はそうなっていて、バッツマンとボウラーの立ち位置が、1オーバー(6球)毎に入れ替わります。ピッチの向こう側とこちら側を、バッツマンとボウラーが行ったり来たりするかっこうです。野球のピッチャーやバッターのように、立ち位置が固定されていません。

crick1.jpg

ボウラーがボールを投げて、、

crick3.jpg


バッツマンがボールを打って、走って、、

crick2.jpg


ボールをキャッチする=守る!

基本は野球と同じです。一試合に一イニングしかない、という決定的な違い以外のこまごまとした違いを、次回以降説明します。


~つづく

<写真1>CSK vs PW
<写真2>MI vs PW-バッツマンはクリケットの神様、サッチン・テンドゥルカール #10。
<写真3>MI vs PW-フィールダーはムンバイ・インディアンズのキャプテン、リッキー・ポンティングのダイビング・キャッチ。
DSCN6477.jpg

Photo by YK : 2011.03.21 Ozran beach, Vagator, Goa, India


正しくは、28日の23時59分まで有効(=29日の0時に失効)だった我が就労ビザは、28日の夜7時半に更新された??正しくは、更新申請が受理された。

正午までに通知されるはずのその通知は、夕方5時に延期され、5時を過ぎた時点で、6時半に最終判断を下す、と決定され…。

以下、昨夜8時の、自分のつぶやき。(地震がきっかけとなり始めた、Twitter今日ウィジェットをブログに設置。なんとなく非表示へ[4/1]

明日失効する私の就労ビザ。絶対今日更新される筈、と上司達は夜18時半まで待て、と私を説得するも連絡来ず。飛行機チケットを予約、20時にタクシーを予約、空港に向かう予定…だったが、19時半に『ビザ更新』の連絡入る!結果、荷造りしないで済んだ。…敢えて予定通りと言わせてもらおう?。

30分間でパッキングして、迎えに来るタクシーに乗るように!と言われてオフィスを後にし、自宅アパートメントの前に到着したその時、帰国の必要なし?もはや今度は帰国したら問題が起きる?との連絡を受けたのだった。

パッキング、しなくて済んで、本当によかった。



明日はクリケットワールドカップ、準決勝?インドvsパキスタン。水曜日だが、あらゆる公私機関は14時に閉じるらしい。試合開始時刻は14時半。

インドvsパキスタン。国をあげての戦いだと人々は言う。はっきり言って、かなり恐ろしい。冗談めかして言おうとしているのだろうが、残念ながら、顔が、目が、笑っていない。両国の間ではスポーツのメリットを生かし、文字通りの「親善試合」なるものが開催されて然るべきなのに、なぜによりによって真剣勝負のワールドカップで争わねばならないのか…。

私は今日から3日間?いつもとは違う?ムンバイ市内のオフィスに勤務中。そこのオフィスには、レクリエーションルームと呼ばれる部屋がありテレビが置いてある。今週は大事なプロジェクトが進行中なのだが、(だからこそ、私はそのオフィスに出向いている訳だが、)明日の午後は皆仕事をしないのでは?と言う声も聞かれた。果たして事実は…。



ニュースで、震災サッカーチャリティーマッチのこと、各スポーツ界の人気選手たちが、自分たちに許される方法でなんとか被災地へ勇気と希望を届けようとしているのを目にする。生活必需品に加えて、苦しい生活の中でも絶望することなく楽しむことを忘れないで欲しいと、サッカーのスパイク(シューズ)やボール等も寄付すると。

ヒトは食べるものがなくてもなんとか生きられるが、愛のないところでは一日たりとも生きられないと言う。

被災中に?例えば?憧れている選手と握手をしたり、電話で話をしたり、ボール等をもらったりした子供らは、おそらく一生その愛を忘れることなく、どんなに辛くてもギリギリのところではなんとかふんばり、生きていく勇気を保てるのではないかと、スポーツをこよなく愛する者としては、思う。
cricket trophies
Finally, or rather eventually, I have started watching cricket today.
It is NOT possible to ignore CRICKET itself as long as you live in India, especially for you who is a sports lover.

You can keep you away from it if you can make lots of efforts. However, in the meantime, you perhaps are forced to keep away, or just away from your favorite sports too. There are lots of reasons for that situation happens: no TV channel for your favorites one, no company to watch it or share your joy with, and less motivation to stick with that particular sports you are used to love.

Anyway, in fact, I am watching now the ICC Cricket World Cup, England vs India, on TV while writting this entry.

A final trigger of this change in my life was the cricket cup organised by my company on last Sunday at Juhu. I just submitted a registration, and fortunately, the first opportunity to play cricket was given.

P2207654.jpgP2207625.jpg

The captain of my team was a very nice one and thanks to him I enjoyed a lot at my first game as a batsman and a field player. At the second game, there was no chance to play as a batsman. Then at the third game which was the semi final I was given out at the very first moment which I could have made it not out if I were familiar with the rule. I was so miserable because of that. Our team lost at that semi final, and my first cricket matches finished.

In a cricket match, if you get out, you never ever have a chance to play as a batsman in the match. There is ONLY ONE CHANCE in a match. Can you believe it?

The movie LAGAAN taught me that incredible rule. While watching the movie, seriously I was wondering if it could be a very painful and frustrated regulation for players. And then, after that I just came to know that actually it is.

I really want to know how cricket players have been surviving or struggling with such rules. That is my current motivation to see it.

Now England is being the batsman's side. In the cricket, one side keeps attacking, and if it ends, the other side starts attacking. Then, the latter side can get scores more than one the former got, it becomes a winner.

It takes around 3 hours and half for each; the whole match needs 8 hours including the break inbetween.

Current ongoing match looks very close. Still nobody can tell either is going to win, and more than one hour remaining.

Speaking of 8 hours, it reminded me of Suzuka 8 hours endurance road race. Yes, 8 hours should be a kind of endurance sports' time range. It is not for a general sports!

P2207630.jpgDSCN6190.jpg
P2207772.jpgP2207834.jpg

P.S. The result of India vs England was a tie! 338 scores and 8 wickets lost. It's unbelievable that they got exactly same scores and wickets after playing 8 HOURS. I don't understand how wicket's numbers work in a match though.. It seems that there is a very long way to understand cricket.
Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。