Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲


インドを旅行する際、いいホテルに泊まりたいという人には、インド資本の5つ星ホテル、タージ・ホテルグループを薦めます。外資の5つ星もいいけれどせっかくインドに来るのであれば、是非タージに泊まってインドの色々を心おきなく楽しんで欲しい

既に God's own country ケーララ州の大ファンのわたしと、そのケーララに是非訪れてみたいという姉と、ケーララ州はクマラコム(Kumarakom)にあるVivanta by Taj にこの夏姉と二泊してきました。

RIMG2532.jpg

ケーララに古くから伝わる建築様式に則って建てられたコテージは、壁や家具も華やかでバケーション気分を盛りたてます

RIMG25301.jpg

そして家にバス・タブのないわたしは、バス・タブの前で小躍り

RIMG2535.jpg

ホテルの敷地内にアーユルベーダ施設もあり、ここではしっかりとした施術が受けられます。

アーユルベーダ・マッサージが受けられるホテルはインド中、特にケーララ州ではどこにでもあるけれど、ケーララ州によって、ケーララ発祥の伝統的なアーユルベーダの施術をちゃんと受けられる設備が整っていると((Olive又はGreen Leaf)認定されている施設は実はそれほど多くありません。(参考:http://www.keralatourism.org/ayurveda/)

ちなみにオイルを多用するアーユルベーダ・セラピーは、オイル廃棄の方法なども州によって厳しく決められているようです。ドクターによるコンサルタントが受けられるのも限られたセンターのみで、マッサージとセラピーは別のものと考えるのが適切です。

RIMG25401.jpg
スポンサーサイト
去年、友人の結婚式に参加するため南インドのケーララ州へ初めて行って、、

『Alleppey バックウォーター 水上バス編』

を書いた後、メインであった「遊覧シカラ編」を書かずに一年経ってしまった!

あんまりきれいで、たくさん写真を撮ったら、整理し終えないままに・・・。


でもそのシカラでのバックウォーターボーティングが何より気に入ったので、今年もまた行ってきます

そして今度こそ、遊覧シカラ編を書こう~

RIMG1496.jpg
RIMG1408.jpg

ケーララ州の自然が恋しい・・・

インドでは、上の写真みたいに二人で座っているのが、いわゆるカップルではなくてただの仲良し男二人組である確率の方が格段に高い!

来月はまた友人とゴアへ羽伸ばしに行くことに。

ケーララの後のゴアトリップ。自分が満足できるかちょっぴり心配・・。
ケーララ州でシカラ(小舟)クルーズをしたとき、ロータスが咲き乱れていたかも知れない光景を目にしてから、ロータスが頭から離れなくなってしまっていた。

インドの国花でもある、蓮の花(ロータス)。

寝ても覚めてもロータス・・とまでは言わないが、ロータスの写真を眺めてボーッとしてると日が暮れそうになる。

というわけで、いっそロータスを自宅に導入か!?とオンラインでその生育方法を調べるものの、本来沼地に生息する花である。根が長~い、蓮である。そう簡単に導入できる訳もなく。水槽で生育できるロータスの種もあるらしく、その生育方法が書いてるあるサイトを見つけて熟読するも、やっぱり日照の問題等あり断念。

と、友人にもロータス病にかかっている話をしつつ、お気に入りのお店『Good Earth』に向かったら、入って早々、それなりにかわいいフェイクロータスに出会ってしまい、とりあえずフェイクロータスで手を打つことにした。

ロータス購入から2週間。今日、自宅からオートリキシャで10分のところにあるLokhandwalaマーケットのお店でようやく、それなりなガラス容器を発見!本当はもう少し深くて大きめブラスの容器が欲しかったけど、Rs.2500程度するし、中に浮かべるのがフェイクなロータスだからアンバランスになる可能性も高く・・フェイク相応な?!ガラス容器で落ち着く。

フェイクロータス Rs.250×2
ガラス容器 Rs.650
RIMG1644.jpg

約1,000ルピーで、こんな感じ。一応、水に浮いてるので動くし、よしとしよう~!

ロータスのピンクには癒し効果でもあるんじゃなかろうか・・。ほんとにかわいいピンクで見つめてしまう。・・・いつか本物を心ゆくまで眺めたいぞ!!
こちらはパパイヤの木。パパイヤだけじゃなくてマンゴーの木もあった。なんか新鮮だった。
RIMG1114.jpg

ホテルの敷地内の隅っこに咲いていたバード・オブ・パラダイス(極楽鳥花)。わたしにとってはハワイアンキルトの柄の花のイメージが強い。調べてみたら南アフリカ原産だった。
RIMG1570.jpg

自然色に決まっているけれど・・近づいてまじまじ眺めて確認してしまった、幹の赤い木。ホテルのエントランスに植えられていた。ショウジョウヤシというスマトラ原産の「ヤシの木」らしい。こんなヤシの木もあるんだ。
RIMG1431.jpg

アジア諸国でよく見かける、水に浮かぶ花絵。これを専門の仕事にしている人もいる。
RIMG1536.jpg

これは・・名前を知らない。日本でもよく見る花だけど。大きな木の幹の途中に土が盛られて、植えられていた。
RIMG1426.jpg

そして、、こちら。

シカラで水郷クルーズしていたとき、これがすべて開花していたらどんなにラヴリーな光景だっただろう・・・とちゃんと下調べをしなかったことを後悔せずにはいられない程、たくさんのロータスが水面に浮かんでいた。どうして咲いていないんだろう、月の影響?なんて思っていたけど、、ロータスの花って午前中しか開かないんですね。知らなかった。

ということで、チェックアウトのとき隣でチェックイン中のゲストとホテルの人とのやりとりに思わず口を挟んでしまった。

水郷クルーズは朝がいいですよ、午前中は鳥もたくさん鳴いてるし、と薦めているものの「なんで午後じゃダメなの?」というゲストに手こずっていて、「あの・・ちょっといいですか?あのね、朝がいい理由はね・・・。」

あの家族はラヴリーなロータスが一面に咲く模様を見られただろうか。
RIMG1488.jpg
バナナの木

・・南インドは、バナナ大国!

トラックの荷台はバナナでいっぱい!"

どの店先にも、バナナ!ばなな!バナナ!

店先にはバナナがぶら下がる
ケーララ州の水郷地帯はバックウォーターと呼ばれていて、アレッピーのあたりはかつてジャングルだったらしいが、18世紀半ばに貿易港として町が形成されたそうだ。

ケーララ州は観光産業が盛んな地で、欧米人はもちろん、アジア人、日本人観光客もよく訪れている。「コンニチハ」と声をかけられることも少なくない。

観光の目玉はバックウォーター・クルーズ。ハウスボートとよばれるホテルの客室が一つポンとボートに乗せられているようなボートで、水郷地帯を周遊する。ハウスボートには宿泊できるものもある(一泊4,000~8,000ルピー程)。家族旅行、せめて3~4人以上のグループ旅行や、ハネムーンに好適な感じのクルーズだ。

わたしは一人旅だからシェアリングボート、相乗りできる観光船を探していた(後日談としては、おそらくそんなボートはなさそうだ)。ホテルの人に、ボーティングは夕方5時までしか政府に許されていないから遅くとも午後2時には必ず搭乗しないといけないと言われていたにもかかわらず、予定より長くビーチで過ごしてしまい、2時まであと10分しかなくなっていて、早くボートを見つけなければと焦っていた。

シカラと呼ばれる、カヌーを少し大きくしたボートにモーターが付いている5-6人乗りのボートもあるが、これも一人で借りるのはどうかと思ってしまい、既に人が乗っているボートを見つけて、搭乗地にもどってくること、と所要時間を確認する。所要4時間と言われ、そうだとすると夕方6時に戻ってくることになる。んー、ホテルの人の話しと違うなと思いつつも、もう陸から離れ始めているそのボートに飛び乗る。

さて料金は?と思って周囲を見渡すと、10ルピー札ばかりを握っている搭乗員・・。ん?これはひょっとして・・「7ルピー」。町の運河を、ボートが前へと進み出した。数ブロック毎にジェッティーと呼ばれる、ボート乗り場で停車する。えぇ、さすがのわたしもこれは間違いなく市民の足として利用されているボートと確信・・。

ま、これはこれでいいかと開き直るも、町の運河を通り抜けて、15分後くらいだろうか、水郷地帯の非居住地区へさしかかる辺りから大半の乗客が伏せって眠り始めた。遊覧船と市民バスではルートも違うことだろう。どうなることやら、と思いつつもボーティングに変わりはなくワクワクする。
RIMG1356.jpgRIMG1365.jpg


居住地区に入ると、人々が幅10メートル程度の細長い島や、田園地帯で生活する様子を眺める。すべてが島なわけではなく、陸地の端っこ?みたいなところもある。

陸地にある場合も家々が湖岸に建てられていて、ボートから家の中まで見えてしまう。そこには大きなテレビがあり、屋根にはパラボラアンテナがある。わたしの観察したところでは、どうやら各孤島にはちっちゃな発電小屋みたいなものがあり、そこから電線が延び電柱が立っていた。でも(孤島には)おそらく水道はひかれていないのだろう。運河に入って、鍋や衣服を洗う主婦たち、石ケンで顔や髭、身体を洗うおじさんたちがいた。

RIMG1375.jpgRIMG1376.jpg

RIMG1377.jpgRIMG1381.jpg

いつ頃からどの位の人々が水郷地帯で暮らしているのか分からないけれど、湖の水も運河の水も相当きれいだ。水草が花をつけてプヨプヨ漂っていたり、水鳥がせっせと魚をめがけて狩り?をしていたり、ガオガオと鴨が石垣を行進していたり、生命をそこかしこで感じさせる、生きた水だった。

川面の隅を見ても、ゴミはペットボトルとスナック菓子袋などが少し浮いている程度。どちらも観光客の落とし物だろう。住民はきちんときれいな水を維持している。・・自宅の家の窓から、電車の窓から、どこであろうとプラスティックゴミすら外に捨てることに慣れきっているムンバイの住民に見習って欲しいところだ。

運河沿いには小学校や高校もあった。皆、基本的に視力がとてもいいのだと思う。外国人がめずらしいとは言え、服だってインド服で、サングラスをかけている訳でもないのに、それなりに離れている陸地から、大衆船にのっている一外国人、(白人でもなく)浅黒い日本人を目ざとく見つけて手を振ったり、大人は笑いかけたりしてくる。子どもにカメラを向ければ常に大騒ぎだ。

RIMG1372.jpgRIMG1371.jpg

RIMG1506.jpgRIMG1374.jpg

そんなこんなで1時間半位までは興味津々で人々の生活を観察したが、さすがに疲れてきた。観光のくせにすっかりダレてきた頃、「ティーブレイク」と搭乗員に告げられる。どうやら折り返し地点に到着したらしい。搭乗員にくっついていって、チャイを飲む。

そもそもどこを周るのかすらきちんと理解せずに乗り込んだわけで、はたして今自分はどこにいるのか。結構な距離を来た気がするが、どれほど遠くまで来たのだろうか。後で調べるために、町の看板を撮影。

RIMG1367.jpgRIMG1368.jpg

RIMG1369.jpgRIMG1370.jpg

片道2時間~折り返し地点で15分のティーブレイクを入れて~往復4時間ともなると、復路はわたしもしっかり昼寝をとってしまう程長かった。長かったが、運賃は14ルピー。(一番下の写真がわたしの乗ったボートだ。)

大きなハウスボートを2人だけで利用しているカップルを見たときは、モーターの燃料にしろ何にしろ、無駄遣い的イメージが強かった。でも4時間かけて水郷地帯に住む地元の人々の暮らしを間近で見てみると、観光産業がすべてではないにしろ、彼らの多くは観光産業にたずさわっている。(土地柄、漁業も盛んだ。)シカラを造る人、モーターボートを磨く人に、直す人。そしてそれらを運行し、管理する人々。

当然と言えば当然だけど、むしろ観光客は観光客らしく、彼らの用意しているサービスを利用し、お金を使うべきだとも思った。いくら4ストロークエンジンとは言え、モーターボートはやはり排気ガスなど公害が気にならない訳ではないが・・。(わたしの見る限り、ほぼSUZUKIとYAMAHAのエンジンだった。)(つづく)

RIMG1387.jpgRIMG1388.jpg

Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。