Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
前代のカメラが部分的に壊れてしまったため、修理に出す代わりに新しいカメラを購入。バスク旅行のときに十二分に満足して楽しんでいた写真撮影だが、渡印してからは色々ズームが足りないなどなど徐々に写真撮影モチベーションが下がっていたことも、購入に踏み切るのを手伝った。購入したのはリコー(RICOH)のCX5。

かわいい砂時計

クリエイティブ撮影モード-トイカメラ:姉とお茶したお店、吉祥寺 TEA SALON G clefにて。


各国の言葉で「茶」

クリエイティブ撮影モード-ダイナミックレンジ(2枚の静止画を合成してなめらかな写真を生成):お茶の産地の国の言葉で「茶」。多分一番下がヒンディ。なんかちょっと違う気もするけど。発音はティー。もはやそれは英語の発音だが…。


日比谷チャヤマクロビのカウンター

クリエイティブ撮影モード-ハイコントラスト白黒:一人ご飯したお店、日比谷チャヤマクロビにて。


ラリマーリング

クリエイティブ撮影モード-トイカメラ:吉祥寺のルーナ・フェリータで新しいリングを購入してしまった・・。ラリマー。こんなミルキーな水色の石を買うなんて昔は考えられなかったけれどこの日何故かラリマーばかりが気になり、店主の粋な計らいでわたしの指へとやってきた。ついでにこんなきゃわいい猫目ビーム写真までパチリ。

スポンサーサイト
DSCN6286.jpg
いつ頃からだろう、、以前使っていた携帯電話(画像はコチラ)をもっとイイのにしたいなぁと、見栄っ張りの心がむくむくと湧いていた。以前のは以前ので気に入ってもいたのだけど、早い話が安い機種。でもまだまだ十分に使える、、どころかキレイなままだった。だから買い換える理由がなくて、贅沢はいかん、と自分の気持ちを無視し続けた。

そうしたら、、失くした。しかも旅先で・・。不便を強いられたが、それより何よりイタかったのはストラップ。わたしの愛しのムンバイストラップ(画像はコチラ)もが?当然?なくなってしまった。

こんなことなら、欲しいモノを素直に買っておくべきだった。携帯の前にも似たようなことがあり、その時に反省した筈だったのに。またもや同じ過ちを繰り返した。

DSCN6278.jpg気を取り直し、新しい携帯に新しいストラップを付けた。ホクちゃん先生作の天然石ストラップ。サロンオープン記念で先着何名様だかに無料でプレゼントしていたとき。

下から、ローズクウォーツ、スモーキークウォーツ、淡水パール。実はいただいたときには、ピンク色に淡水パール、というだけで、なんだか甘すぎるし優しすぎる感じが、自分にコレ・・?!と照れも重なりしっくりこなかった。と言うか、受け入れられなかった。

でも新しい携帯を使い始めて一週間位したら、ストラップの石たちが妙にかわいくなってきて、毎日ぐりぐり触りまくり。あまりの石アピールに、ちょうど同じ石だし!とローズクウォーツとスモーキークウォーツの球体を握って瞑想したら(球体はこの二種だけしか持ってない)、その時?無意識に?抑えていた自分の欲望を教えてくれた…。ひょえー。

びっくりしつつも、これは報告せねば、と生みの親、ホクちゃん先生のブログを拝見すると、なんだかかわいいチャームがたくさん石ストラップと一緒にぶらさっがている…

翌日近くのモールをめぐり、コロン!とした感じがとても気に入ったネックレスを見つけると、さっそく自宅で急遽リメイク!…ふふ。わたしのにもかわいいチャームがついたゼー。と一人盛り上がる。自己満足度100%だ。

きっと今後もこのストラップがわたしを助けてくれるに違いないけど、、そう、いつも自分の心には常に素直に。この教訓を忘れないようにせねば、、石も疲れちゃうに違いない。
ハートの半分?ペンダント

去る12月3日はわたしの誕生日。

誕生日の2日前に上の写真のペンダントトップを、以前ピアスを見つけたのと同じフェアトレード商品専門店Karigar(カリガール)で見つける。

入店時に『店内全品20%オフ』のポスターが目に入ってはいたが、当然のようにアクセサリーは対象外だと思っていた(メインは雑貨)。が、試着していたら「マダム、これも20%オフですよ。」え?これも?「全品と言ったら全品です。」…ほぼ心は決まっていたが、さらに硬くキラーン。お買い上げ、Rs.1250(20%OFF後価格)。

インド人女性のつける、大ぶりで派手なものに見なれてきて、最近ちょっと大きめの何かが自分にも欲しくなっていたところに、どんぴしゃりのこのデザイン。サイズは大きいけれど、オープンハートを半分にしたような形で軽やか。迫力に欠ける体型のわたしでも、これならいける

ここでは誕生日に当人はドレスアップする風習がある。(誕生日前に誕生日ドレスをプレゼントしてもらってそれを着たり。)わたしの場合は、このドレスアップ小物を自分で自分に贈り、見につけてみた。ふふ、期待を裏切らず、オフィスでは皆が褒めてくれた。気分がいい

またインドでは誕生日である当人が、皆にお菓子を配ったり、料理をごちそうしたりする。日本(や台湾)とは逆。よって郷に入れば郷に従え、わたしもインド式に台湾人同僚ティファニーとドイツ人同僚ジェシカ、そして(一緒に写真を撮りそびれたけど)フラットメイトのローシンに、ご飯をおごりつつディナーを楽しんだ。なかなか新鮮
Me and JessicaMe and Tiffany
Laughing Buddha

Photo by YK : 2010.09.04 World Trade Center, Cuff parade, Mumbai, India


南ムンバイにあるワールドトレードセンターへ行った日、センター内の石屋さんへ立ち寄った。

ラブラドライトで彫られたLaughing Buddha....(七福神の一神、布袋様)。

・・スゴイ

手にとらせてもらったら、ずっしり・・。(大きさはサッカーボール位?)

インドならではな気がする品故、許可をもらってパチリ
2010.09.18 15:00 | No Category | Trackbacks(0) | Comments(4) | Top▲
Amethyst&Aquamarine
上の写真。アメジストとアクアマリンのシルバーピアス

大型ショッピングモール、Inorbit(イノービット)に入っている、フェアトレード商品しか扱っていない、Karigar(カリガール)というお店にて。インド各地の産物を扱っていて、ぶらぶらしていると大抵一個は掘り出し物に出合う

この日はピアス。この石、すごく透明感があってショーケースの中でキラキラしてた。試してみたら、思っていたよりもずっとしっくりくる。お買い上げ即決Rs.750位。

下の写真。5月、オーガニックファーマーズマーケットに行った時、石屋さんも出店していた。そこで期せずして出合った、大きなアメジストクラスタ。

この日テレビを買う前にマーケットに向かい、その石屋さんに引っかかった。手のひらサイズの、ずっしり感を味わっていたら「アメジストは、テレビやコンピュータのそばに置いておくといいのよ!」と言われ、「これからテレビ買いに行くの?」と言いながら、握手。確かRs.400位だった。

写真だと若干伝わりにくいけれど、側面のグラデーションも美しいのだ。普通の石っころの側面?!付きの、こんなクラスタを見たのは初めてだった。

Amethyst
水晶、インカローズ、クンツァイト、ルチルクウォーツのブレスインド移住後に楽しみにしていることの一つに、天然石(インド人は「ジェム(英語で宝石、の意)」、日本人は「パワーストーン」とも呼ぶ)との出あいがある。



かれこれ十年位前、友人が身に付けていたラブラドライトのペンダントに魅かれたこと、がその存在を意識することになったきっかけだった。虹色っていうのとも違うラブラドライト特有の、深く妖しい輝きを放っていてとても不思議な魅力を感じた。

-そうか。最初に私を呼んだ石もラブだったのか。最近一番よく身に付けているシルバーリングもラブなのだ。ブログを書いていると、時々こういう、自分の記憶の中にあることが新たな発見とともに鮮やかに甦えってくることがあって楽しい

友人に教えてもらった、その石のお店は当時住んでいたところから自転車で行ける距離にあり、その後お店に足を運んだ回数に比例して、自分の持つ石の数もどんどん増えていった。

かなり小さなカットのレインボームーンストーンのシルバーブレスも、そのお店で購入した。通勤電車の中などで飽きもせず、小さな一つ一つの石をよく眺めた。虹色の出やすいものとそうでないものとがあった。外で信号待ちをしている時には、一つ一つの石へ順番に日光浴させたりもしていた。

初めてインドに行くことを決めて、飛行機チケットの予約を入れた日のこと。

水晶クラスターの上に載せてあった、そのブレスのレインボームーンストーンが、遠目からでもはっきりと分かる程、すべての石がきらきらとした輝きを放っていることに気付いた。

お香や日光や月光で浄化したりしても到達しなかった域の、その煌めき具合…。
ひょっとして石が輝いている理由は…。
 昨夜の空。オリオン座のベテルギウスが妙に気になった。青白いリゲルの対角に位置し、その赤い色が映えるベテルギウスではあるが、こんなに鮮やかな星だっただろうか、自分の視力があがったのだろうかと思う程、気になった。
 夜空を見上げた時には、冬の大六角形の星々(こいぬ座のプロキオン-ふたご座のポルックス-ぎょしゃ座のカペラ-おうし座のアルデバラン-オリオン座のリゲル-おおいぬ座のシリウス)を確認し、そしてシリウスを眺めるのが、いつもの流れ。
 でも昨日は何故だか六角形を認めたあと、その内側できらきら輝くベテルギウスに目が吸い寄せられた。

 今朝朝刊を手に取り一面に視線を落とせば、「オリオン座のベテルギウス-超新星爆発の予兆くっきり」の文字。そこには、ベテルギウスが既にその寿命に近く明日にも爆発してもおかしくない状態で、(数万年後かも知れないが、とも言っているけれど、)もし爆発すれば満月程の明るさになる、と書いてあった。
 オリオン-ギリシャ神話の狩人-の右肩で輝く、あのベテルギウスが満月程の明るさになったら、一体冬の夜空はどうなってしまうのだろう…。オリオン座の小三つ星は勿論、これまではオリオンの頭部・こん棒を持つその右手・獅子の皮を持つ左手、さらに足元には(狩人の獲物である)うさぎ座が見えて、彼らのその神話と共に楽しめているのに、小さな星々が見られなくなってしまったら・・。かなり複雑な心境だ。

 満月は約29.5日で廻ってくるけれど、ベテルギウスが爆発したら、それは満月のごとく明るく、そして常に輝き続けることになるのだろうか?

 たしかに朝刊の一面に載っても不思議ではない程大事である、ということは分かった。しかし昨夜異常な程わたしの気をひいたベテルギウスが、翌朝一面記事になっているというのは、一体どういうことなのか…。そこがとっても気になる
[注:爆発の予兆を目視できた気がする、とかそういうことを言っている訳ではありません。私が気にしているのは、シンクロニシティの方です。念の為。]




そしてこの記事を書いていたら、最近気にかけていたことが、、シンクロニシティを伴って浮かんできた…
Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。