Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
DSCN5025.jpg

Photo by YK : 2010.07.26 "Cafe Vihar", Vashi, Navi Mumbai, India


上の写真は、パコラ(Pakora:पकोड़ा)というインド版天ぷら。ここのレストランのものは衣がかなりしっかりとし過ぎていたフリッターのようなものだったが、一般的なパコラは、いわゆる『掻き揚げ』。サクサクしてて、いくらでも食べられてしまう、クリスピーな食べ物。

一年中食されているメニューだが、雨季になると、レストランなどでは『チャイ(お茶)と一緒にパコラを食べよう』と、シーズンメニューとして登場している。

雨季は気温が下がるから、ホカホカのパコラを食べて温まろう、というのがその習慣の由来、とのこと。会社でも三時のおやつ、にパコラが用意された日があり、こちらは掻き揚げタイプで美味しかった

雨季に入って二カ月が経過しようとしている今日この頃、マクロビオティックで習った、揚げ物の効用を思い出し、この習慣の存在意義に、納得。

揚げ物には、上昇の力、緩める力が、強くある。揚げ物を食べると『揚げて』あるだけに、気分も高揚する。頭がちょっとボーッともする。

例えば:子供の夕飯に揚げ物を供すると、そもそも(子供の)低くない「気」が上がりすぎて、きゃーきゃー大騒ぎになって眠れなくなるので避けましょう、とか、お昼に揚げ物を食べた後の、午後の授業は眠くなります、等。

そもそも雨に弱い、我が体質。これは野口整体の勉強会で明らかになったことだが、雨が降っている日に、気分が下がり鬱な気分になる人と、ならない人がいるという。皆、雨の日には、多かれ少なかれ気分が影響されているのかと思っていたが、そうではないと知った。

わたしは、前者、雨が降ると気分が下がる。よってなんだか悶々としてきた気分を、外に出て発散したくなるような日にも、豪雨で外にも出られなかったりすると更に悶々とする…。よろしくない。

よってパコラでも食べて、気分をあげて、ネガティブなことにとらわれず、ちょっとはボーッとしたりしていかないと、知らず知らずに鬱っぽくなってしまう気がする。

と言う訳で、『雨季にはパコラ』に、納得。

…いや納得できなくても、美味しく食べられればそれでいいんだけど、、納得したい性分なのだ。これが私
スポンサーサイト
2010.08.07 23:59 | 食 : Foods | Trackbacks(0) | Comments(2) | Top▲
[初めて携帯からの投稿。帰宅後コンピュータで見たらどんな感じか。]

4月から2年、ムンバイで働けることになった。万歳?

が、今ひとつ実感が湧いてない。か、単にやることが多すぎて、心配したり喜んだりするエネルギーがあまってないのか…? うむ、きっとこれ…かな?!

野口整体でよく言われる。ぐちゃぐちゃ頭だけで考えて、心配したりするのは、エネルギーがあまってる証拠だと。だから、日々自分をしっかり使うことが大切、と。

ここ数日、寝つきもいいし、睡眠の質もあがっている

出発まで体調管理に気をつけて、荷造り、その他諸々がむばるべしっ。



それより(使い方は間違ってるけどそう言いたい)。
さっき、電車で向かいの人が広げたスポニチの一面記事に目が釘付け

本田(圭祐)くんにバレンシアが興味を持ってるとな

オランダ二部リーグから、CSKA(チェスカ)モスクワに移籍したばかりな本田くん。
今年、チャンピオンズリーグ出場権を持つ、CSKA。

就職活動にかまけてて(使い方は間違ってるけどそう言いたい)、
あろうことか、めっちゃ見たいぃ?と思っていた3日前のチャンピオンズ・リーグ、CSKA vs セビーリャ戦を見逃した…

翌朝、ニュースで"本田1アシスト、1ゴール"の文字を見たとき、吠えたのは言うまでもなく。

応援せずにはいられないレアル・マドリード、とは別に、好きなチームはと問われれば、まずバレンシア!次にセビーリャ!と答える我。

悔やんでも悔やみきれず。あぅ?。

何はともあれ、ワールドカップイヤーの今年。
中村俊輔が出場機会を求めて、リーガエスパニョーラを去った。
次にリーガに来るのは、本田くんなのかっ!…楽しみ、楽しみ、楽しみ?。

…あれ?十分興奮するエネルギー、あるな…。…。
人間は摩訶不思議な生物なり
夕暮れ

Photo by YK : 2009.12.01 Kashiwa, Chiba, Japan


エンジェルカードやオラクルカードを選ぶように、「老子」や詩集などの頁を適当に開き、それが今日の私へのメッセージ!と思って読んで愉しむのが、マイブーム

先日野口整体へ行ったとき、創始者である野口晴哉(ノグチハルチカ)先生の著書、「風声明語」(全二巻)を入手した。詩集っぽいのが欲しい、と言ったら指導者にこれを薦められた。

野口先生の本は装丁がかっこいい。活字のフォントとか印字のバランスも好みの本が多い。つい欲しくなるが、嵩張るからいつも吟味して購入してきた。でもこの本は文庫本だからインドにも気軽に持っていけると思うとうれしくて、二冊とも即購入。

野口先生はそれはそれはとてもユニークな人だったらしく、著作も然り。先生独自の「人」についての考察がユーモアたっぷりの口調で語られていて、どれを読んでもとても興味深く、私は大好きなのだ。[お薦めは『風邪の効用』(ちくま文庫)このブログのAmazonウィジェットにリンクがあり]

今日「風声明語」を買ってから初めて手にとり?おみくじを引くように?頁を開いた。
『自分が変われば世界は変わる』・・
何やらいきなりメッセージ度が、とても高い項目がヒットした気がする
先週、怒濤のような5日間を過ごしているとき、自分自身を上手く使えていると思っていた。緊張もしたけれど、以前のように、変にテンションだけ上がって嫌な汗をかいたりすることはなく、やるべきことをやりきって。

明けて土曜日。野口整体の指導を受けに行き、今日の身体の調子を聞かれたとき、嬉々として「心地良い疲労感」と答えた。

が。人生(?!)そんなに甘くはなかった…。鞭打って馬車馬のごとく無理強いした身体は疲労困憊しているのに、頭では「やりきった感」に浸っていて、その疲労をきちんと感じられていなかった・・

確かに自分の力、勢いを使ってはいたのだろうが、合間に弛緩をはさんで身体を整えつつ…、と言うには程遠かった様子。自分ではそれもしていたつもりだったのだけど…。

指導を受けたあと、ギュウギュウ!ぱんぱんっ!だった心身が少し緩みはじめ、急に重力のことを思い出したかのように頭を重く感じ、首はゴリゴリで不快感満載・・。全然「心地よく」ない・・。今日もまだ身体はヘロヘロしている・・。

身体に鞭を打ったのなら、使い終わった後、きちんと労わって、緩めて、そして次の出走に備えるべき。でなければ、次回は、自分が本来持つ力を十分に発揮することなどできない。知っていた筈なのに、鞭だけ大得意で打って、まだご褒美をあげるのを忘れていた・・

このことを軽んじて、新しい環境に身を置いたとき、休むことなく走り続ければ、いずれ心身ともに消耗し、そして泣きをみることになる。いや・・その前にまた、私の場合はアトピーが復活するかも知れない・・うぉ?、それは困る

宣誓?『自分のやりたいことはやるし、自分を労わることも忘れないようにします。わたしはもうアトピーを必要としません!!』・・自戒の念を込めて、敢えてここに記す。



と言うわけで、今日はリフレッシュ?と近所のモールまで散歩がてら出かけ、ふらふらとハワイアンショップに吸い込まれた。

UVプロテクションTシャツ with ロングスカーフ
Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。