Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
近隣、と言っていいのか、隣の県に住む友人が車で片道約1時間もかかるのに、ほうれん草を(二度も)届けてくれた。その量、実に大きなスーパーの袋、一袋分/回。

これはずーっと作ってみたかった、ほうれん草のカレーを作る機会到来!と解釈し、いざ挑戦インターネットで見つけたレシピに従ったら、案外簡単に作れた。

ペースト状にするということが、私の普段の料理には含まれない過程だからして、敬遠がちに、かつ、一体どれだけほうれん草を使うのか、その量の予測がつかずこれまで試してこなかった。

が、ペーストにするのはすり鉢で、そしてその量も不足するはずがなく今回あっさりクリア。これでまた一つ作れるカレーが増えて、とてもうれしい。友人に感謝。

ほうれん草のカレーと、豆カレー本で習得したキャベツのカレー(ナッツ風味)に続いて、食材大量消費系カレーだ。

カレー一食分のキャベツを、ほうれん草を、サラダで食べるとしたら一体どれ程の量になることだろう。

マクロビオティックで教わった陰陽理論で言うと、ほうれん草やトマトなどは陰性(?)の食材に該当し、身体を冷やす力を持つ。

ペースト状にする為に、まず茹でて、すり鉢ですって、水で少し薄めて、最後に煮る。
冷たい(?)野菜に熱が加わり(+)、冷めて(?)再び熱が加わる(+)という過程は、陰陽の繰り返し。またすり鉢でする=細かくすると、陽性度(+)を増すことになる。

(亜)熱帯地方では陰性の食材となる植物が生育しており、それらを摂取することが自然の理にかなっている訳だが、インド料理の伝統的(とされている)レシピに沿って料理をしていると、中庸(ちゅうよう)により近づいた、バランスのとれた状態で摂取できるレシピになっていることに気付く。
スポンサーサイト
2009.12.20 23:59 | 食 : Foods | Trackbacks(0) | Comments(0) | Top▲
今日は最初、私が「13の月の暦」を気に入った理由の一つとして、そのアイコンがかわいい、という話を書いていた。が、自分の好みを伝えるための材料をネットで検索していたら、何とも好適なものを発見し、急遽、MotoGPの記事+自分の好みの紹介の記事に変更

bremboこれは bremboによる Circuits Identity Card なるもので、Facebookで発見。明日、マレーシアはセパンサーキットで、MotoGPが開催され、そのサーキットのレイアウト図がそれ。05→06→01と2つの長い直線が特徴のコース。

今シーズンも残り2戦!…でも、今年は、250cc&MotoGPクラスのシリーズチャンピオンがまだ決まっていない。

予選(※今夜TV放映予定だったのに、野球のクライマックスシリーズのせいで放映されず…)を終えて、青山はサーキットレコードを出してポールポジションを獲得、調子も良さそう。2位との差はわずかに7ポイント差だけど、きっと大丈夫
Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。