Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
 昨夜の空。オリオン座のベテルギウスが妙に気になった。青白いリゲルの対角に位置し、その赤い色が映えるベテルギウスではあるが、こんなに鮮やかな星だっただろうか、自分の視力があがったのだろうかと思う程、気になった。
 夜空を見上げた時には、冬の大六角形の星々(こいぬ座のプロキオン-ふたご座のポルックス-ぎょしゃ座のカペラ-おうし座のアルデバラン-オリオン座のリゲル-おおいぬ座のシリウス)を確認し、そしてシリウスを眺めるのが、いつもの流れ。
 でも昨日は何故だか六角形を認めたあと、その内側できらきら輝くベテルギウスに目が吸い寄せられた。

 今朝朝刊を手に取り一面に視線を落とせば、「オリオン座のベテルギウス-超新星爆発の予兆くっきり」の文字。そこには、ベテルギウスが既にその寿命に近く明日にも爆発してもおかしくない状態で、(数万年後かも知れないが、とも言っているけれど、)もし爆発すれば満月程の明るさになる、と書いてあった。
 オリオン-ギリシャ神話の狩人-の右肩で輝く、あのベテルギウスが満月程の明るさになったら、一体冬の夜空はどうなってしまうのだろう…。オリオン座の小三つ星は勿論、これまではオリオンの頭部・こん棒を持つその右手・獅子の皮を持つ左手、さらに足元には(狩人の獲物である)うさぎ座が見えて、彼らのその神話と共に楽しめているのに、小さな星々が見られなくなってしまったら・・。かなり複雑な心境だ。

 満月は約29.5日で廻ってくるけれど、ベテルギウスが爆発したら、それは満月のごとく明るく、そして常に輝き続けることになるのだろうか?

 たしかに朝刊の一面に載っても不思議ではない程大事である、ということは分かった。しかし昨夜異常な程わたしの気をひいたベテルギウスが、翌朝一面記事になっているというのは、一体どういうことなのか…。そこがとっても気になる
[注:爆発の予兆を目視できた気がする、とかそういうことを言っている訳ではありません。私が気にしているのは、シンクロニシティの方です。念の為。]




そしてこの記事を書いていたら、最近気にかけていたことが、、シンクロニシティを伴って浮かんできた…
スポンサーサイト
「13の月の暦」では、グレゴレオ暦の 12.13 から律動の月(Rhythmic Moon)が始まった。365日周期 [28(日/月)×13(月)+1(日)=365(日/年)] の、6番目の月。

「律動の月」のキーワード:「同等(Equality)」

今月もまた、前月に続いて、13の月の暦のブログ・サービスサイトの「律動の月」の説明文に、私の気に入る文章を見つけたから、その箇所を引用

宇宙的な視野から、「平等」とは?考えたことがありますか?
宇宙の「律動」から、すべての生命が生まれたこと。

律動の月の28日間には、28日のリズム、13のリズム、20のリズム、1日のリズム、呼吸のリズム、風のリズム、月のリズム、波のリズム、魂が呼応する音楽のリズム、心のリズム、すべてのリズムの中に、宇宙の律動を感じる。そんな28日間を過ごしてみよう。
宇宙のリズムは、すべての生命が、そして、星のかけらでさえ、平等であることを感じさせてくれる。


「律動の月」の問い:「How Can I extend my equality to others?」

13の月には、「キーワード」「問い」「動物・働き」が、それぞれ定義されている。

リズム。ビート。
・・本当につい最近、それらは、生活の大切なエッセンスだと、再認識したばかり。



律動の月1日(12.13)に、野口整体の指導を受けて心身のリセットをはかり、新しい月を始動できたことはとても良かったに違いない。2日目の今日は、それを実感できるほど充実した1日を過ごせた。

(・・と、次がいつだったか確認すれば、翌月:共振(Resonant Moon)の月1日、ではなく、その前日、に予約を入れていた。惜しい。でも月末日にリセットをはかる、と捉えれば、それもまた良し。)
このエントリーを書きつつ、手帳で確認すれば・・「13の月の暦 手帳」を使い始めてから、ちょうど一か月(28日)が、経っていた。

13の月の暦は、「新しい時間(=時間の本質)」へといざなってくれるツール、だと言う。

--- 新しい時間。  時間

・・グレゴリオ暦は、三次元的な空間の計測方法に基づいているが、「時間は四次元である」(=「時間は第四番目の次元である」 by アルバート・アインシュタイン)。時間とは、空間 ではない・・

・・三次元の時間の概念は、直線的ではじまりと終わりがあり、四次元のそれは、
放射状でホログラフィー的なもの・・

・・12:60 の計時周波数により生まれた「時は金なり Time is money」という考え方。13:20 では、「時間は芸術 Time is art」・・

三次元時間の流れである(生物学的に、正しく測りなおされた、十三の月+一日 という)365日周期の暦と、四次元時間の流れである260日周期の暦を持つ、13の月の暦

・・古代中国では、王朝が替われば、暦を新たに定めるのが常であり、革命とは暦を改めることでもあった.・・

調べてみれば、、日本では、明治5年12月2日(1872年12月31日)まで、太陰太陽暦である天保暦が使われており、その翌日の12月3日をもって明治6年1月1日(1873年1月1日)に改められ、グレゴリオ暦に改暦。

旧暦(チャーンドラマース : चांद्रमास : Lunar Month)。

遡ってみると、、天保暦は29年間、寛政暦は46年間、宝暦暦は43年間、貞享暦は70年間、(史上最も長く採用された)宣明暦は823年間(862年?1685年)・・・、と、変わってきた和暦。(これまで全く知りもしなかったが。)

暦とは・・?時間とは・・? そんな思いに耽る日々。

インドのカレンダーは、縦型(・・縦並び?!)が一般的なのか、日本のインド料理店などでも、縦型カレンダーをよく見かける。ムンバイで利用したタクシーの運転手も、縦型を使用していた。

インドの縦型カレンダー

Photo by YK : 2009.08.03 "Indian Calendar in a taxi", Mumbai, India

「13の月の暦」では、今日は、新しい月:倍音の月(Overtone Moon)の始まる日。365日周期 [28(日/月)×13(月)+1(日)=365(日/年)] の、5番目の月。

「倍音」という言葉。これまでどうもピンとこなかったが、今日、やっと少し具体的なイメージを持たせてくれた文章に出合った。13の月の暦のブログ・サービスサイトの「倍音の月」の説明文より、その一部を引用
 :
倍音の働きというのは、音楽でいう整数倍の振動が起こるように、ヴァイオリンや、ホーミーのように、その倍音が響くことによって、音に艶(つや)や深みが出ること。
自己存在が、宇宙のリズムにつながった形を取った時、倍音のように、宇宙のさまざまなレベルで、自己の輝きが、響き広がる。
 :
(略)倍音の月の28日間は、小さな自己存在が宇宙の摂理に沿った行為を始めるようにします。
それは、現象として、倍音の働きのように宇宙に影響を与え、また、宇宙リズムが、自己存在に影響を与える。ホーミーの声のように、響き合う。
 :


「倍音」は、この暦に存在する13個の「銀河の音(Galactic Tone)」の一つ。定められているそのキーワードは、「輝き(Radiance)を授けて(Empower)」、(自分に)「命ずる(Command)」こと。

「13の月の暦」手帳を購入してから、恐ろしい程に、日々の出来事と、過去の出来事とのつながりに気付き、物事の必然性を意識させられている。この暦は、本当に奥が深く、理解不能なことも多々あるが、今月も、それぞれのキーワードを意識して過ごしてみたいと思っている。
ちょうど一週間前、少し体調を崩していた為、すっかり記事としてはズレてしまったけれど・・
グレゴリオ暦の 10.29 が、マヤ暦をベースに作成された「13の月の暦」でいうところの、私の誕生日 「KIN(キン)99 青い嵐の日」 だった。

順番が逆だろう、とも思うが、ガイドブックを購入した一週間後、「13の月の暦 手帳」(パスポートサイズ)を購入し、日々の気付きを書き留め始めた。(過去の関連記事はコチラをクリック⇒ 「13の月の暦」

当初、ブログも利用してシンクロ日記なるものをつけていこうと思っていたが、その内容、頻度ともに、そもそもはなはだ無理な話であったことが判明、、。この手帳が、大活躍。漢字を(’変換’ではなく)手書きする機会にもなり、気に入っている

(ちなみに、私の購入した手帳タイプのものには、(日本の)旧暦、二十四節気についても表記されている。)

それにしても。奥が深い暦なだけに、ブログでは少しずつ楽しみながら紹介していこうと思っているそばから、色々な気付きが訪れる。そして、今日も、また!。
日本語は英語の後に
Today I happened to find one guide book that tells about the Mayan calendar, and that is the 13 Moon calendar. As the content interested me in a moment, I got it .

Seems to be really interesting. Actually it is not a book; it is a kind of thin paperback. But I have never ever seen that sort of book which explained the detail of it so deeply and compactly. I feel this is a genuine guide.

In a way, I can say that I am a susceptible person; when I was about 12-year-old I was so addicted of one comic in which there is a hero who is a descendant of the Incas (!!) that I got to be interested in the Inca Empire..

チチェンイツァ遺跡チチェンイツァ遺跡:球技場の壁画

Photo by YK : 1998.02.10 "Chichén Itzá" Yukatan, Mexico

Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。