Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
今年もスポーツ観戦が忙しい時期が始まった!

毎年この時期、欧州サッカーのチャンピオンズ・リーグ(CL)のベスト8が出揃い、リーグ戦に加えCL観戦も忙しくなる頃、MotoGPが開幕する。

日本よりもさらにモータースポーツの地位が低いインド。F1はインドで開催されていることもあり、時々F1ファンには出会うけれど、(バイカーはめちゃくちゃ多いくせに!)二輪レースへの関心は低い、というか、ほぼない。

よって自分でしっかりと日程を気にしていないと、見逃してしまう。サッカーみたいに、誰かに「今日のチェンピオンズ・リーグは何時からだっけ?」と聞かれて、はっ!今夜か!と思いだす、といったことが残念ながらない。

その辺りを学んだわたしは、今年は前もって開幕戦から5戦目位まで、携帯のカレンダーに登録して気合を入れていたのでカタールGP開幕戦を無事観戦中。開幕戦を観るのは3年ぶりだ。

しかし今日はよりによって、MotoGPの直後、クラシコ(レアル・マドリードvsバルセロナ)という絶対に見逃せない試合まである。Moto3、Moto2、MotoGPとすべてのクラスのフル・レースを観ていたら、クラシコまで気持ちが持たない。

ここ何年もMoto3は見ずに、Moto2をときどき、MotoGPだけはフルで見ていたのだけど、今日はひさしぶりにMoto3もちょこっと見ようと、ラスト3周から観た。それでも、十分興奮して疲れた。ラスト3周の時点で、ただでさえ表彰台争いが激戦だったのに、ラスト・ラップにトップがミス、4位まで落ちるも、なんとか追い上げ2位フィニッシュ。3位と4位は視認では同着にしかみえない、0.015秒差と、大接戦だった。

優勝したオージー・ライダー、ジャック・ミラーがそれはそれはうれしそうで、それを見ただけでも十分感動した。開幕戦勝利もうれしいと思うけど、彼はKTMのバイクだった。Hondaを押さえての優勝もうれしさ倍増の理由かもしれない。国歌を聞いて涙ぐむ程だったから、もっとほかにも事情があるのかもしれない。

0.015秒差で表彰台に上がることができた、3位の選手はバスク人(スペイン北部出身)だった。これもバスクに思い入れがあるわたしにはなんかうれしかった。

ただMoto3に日本人選手が一人もいないことはさみしい。全クラス、全てのバイクのタイヤはブリジストン、バイクもホンダが多いが、ライダーに日本人がいない。

Moto2にはもうすっかり常連となった日本人ライダー中上選手がいる。

今日の開幕戦、堂々の2位表彰台。優勝も可能なレースだったし、インタビューを聞く限り、とっても頼もしい感じ。是非とも今シーズン頑張って欲しい。

さてさて、ではこれから、MotoGPをしっかりがっつり楽しみます。・・・若い選手がどんどんMoto3、Moto2からあがってくるのもいいことだけれど、個人的にはいつまでも、馴染みの-大ちゃんと一緒に走った経験のある-ライダー達のレースを観ていたい。
スポンサーサイト
2泊3日でゴアへ行ってきた。ゴアへ行くのはこれで4度目。

いつもはゴア空港より北に位置するビーチへ行っていたけど、今回は初めて南へ訪れた。

ちょっとリサーチして、Patnem beachというゴアのビーチの中でも比較的静かでのんびりできるビーチを選んだ。リサーチ結果は正しく、12月のハイシーズン前ということもあって、とてものどかに過ごすことができた。

クリスチャンの街だからクリスマスの時期が一年で一番混む。12月のゴアは、ゴアトランスという言葉が生まれたほどのダンスミュージックにあふれ、夜の街は相当活気があり華やからしい。

よって宿なども11月はまだ比較的安く、穴場の季節と言える。

RIMG1707.jpg

ゴアは欧米人観光客がとても多く、おみやげ屋さんがムンバイよりも洗練されている。質のよいものがいい値段で品よくディスプレイされていたりする。

RIMG1713.jpg

ゴアのビーチではいつも牛に犬、プラス色々な生物と遭遇する・・

RIMG1722.jpg

明日、茂木(もてぎ)でMotoGP日本グランプリが開催される。

鈴鹿で大ちゃんの事故があってから、鈴鹿での開催は中止となった。安全委員会ライダー代表を務めるロッシをはじめ、各ライダー達が、仮に開催されてもあのダイジロウが事故にあってしまうような危険なコースでは走らない、というボイコットの声が多かったのが現実的な主な要因だ。あのあとコースにも改修工事が入ったりしていたし、いつか鈴鹿にもMotoGPが戻ってくる日が来るのではないかと思っていたけれど、事故から9年経った今も戻っていないという現状をみると、もう戻ることはないのだろうか。

産まれてくる自分の娘の名前は(鈴鹿の別読み)「りんか」にしようと話していた程、鈴鹿に思いの深かった大ちゃん。自分の事故後、中止となってしまったことをどのように感じているだろう。大ちゃんの希望通り、りんかちゃんと名づけられた女の子が産まれてまもない、まだ名前も決まっていない頃の事故だった。

そういうわけで年に一回、茂木開催のみとなってしまった日本グランプリ。できるだけ多くの人が足を運んでくれることを願う。

大ちゃんが所属していたチーム・グレッシーニには、現在スペインライダーのアルバロ・バウティスタ(Alvaro Bautista)が所属している。今シーズンは思うような結果が残せず苦労しているみたいだけど、来年度も引き続きこのチームでの参戦が決定した。

チーム・グレッシーニはいつでもライダーとの長期契約を望み、だからこそ長期一緒に戦える若いポテンシャルのあるライダーを探して契約、そして信頼関係を築き、一家族(ファミリー)としてグランプリを戦う。

記者会見でバウティスタも、このチームとの契約更新はとても幸せなことで、自分に家族の一員のように接して、信頼し、一所懸命働いてくれるスタッフに感謝していると話している。契約更新をこの時期にきちんとするということも、ライダーにとってはとてもありがたいことなのだ。残りのレースを来年の心配をすることなく、集中して戦うことができる。そういうところもチーム・グレッシーニはちゃんとわかっている。

約一年前、マルコ・シモンチェッリがレース事故で亡くなった。彼も大ちゃん同様、”ロッシに次ぐ有能な若手ライダー”として当時とても注目されており、チーム・グレッシーニ所属だった。

今度はバウティスタが世界チャンピオンになるのを陰ながら応援したいと思う。そして引退するまで、必ず生きてピットへ戻ってきて欲しい。頑張れ、バウティスタ!。

ピットウォークにて
大ちゃんと宇川さん

上二枚の写真は2001年10月に行ったとき。ピットウォークと、大ちゃんと宇川さんのライブトークショー。自分のバイクで茂木のコースを走った想い出深い日。皆で時速20~40kmで走るだけなのに、わたしにはコース端のバンクが十分深くて曲がるときに緊張したのをおぼえている。

下の写真は2007年9月に行ったとき。毎年スタンドのどこかに「74」が現れる。今年もきっと見られるはず。
スタンドに「74」
RIMG0372.jpgRIMG0373.jpg
リーガ(スペインリーグ)がアジアマーケット向けに日曜日の正午に試合を実施し始めているとかで、今日はレアル・マドリードの試合がその枠。よってLIVEで夕方観られると思っていたのに裏切られた・・。放送しないぢゃん!とふてくされるも、その代わり別チャンネルの同じ時間帯にモトGPの今シーズン最終レースがあることに気付く。

モトGP。ロッシがドゥカティに移籍した今シーズン。大ちゃんが所属していたチーム・グレッシーニのライダーやロッシを応援したりしつつ、観たり観なかったりしていたが、ホンダに移籍した後も恐ろしく速く安定した走りの、ケーシー・ストーナーが母国オーストラリアグランプリで優勝して、今シーズンのチャンピオンを獲得したレースを10月16日に観ていた。

そっか今日が最終戦だったのか。Moto2クラスのレースから観戦開始。日本人ライダー高橋祐紀がトップ!二位との差を広げている。高橋選手もチーム・グレッシーニ所属。好調な様子に安心して応援していていたのに、雨粒がコースに落ちてきた頃クラッシュ・・・。かなりひどく全身が投げ出された様子が画面に映される。ライダーが微動だにしない。血の気がひく。

実際の時間はよく分からないけど、とにかくかなりたってから、やっと医療センターでとりあえず「ライダーOK」サインが出たとのテロップニュースに胸をなでおろす。が、状態は決してよくはないはず。心配だ。

トップの高橋がいなくなったこあと、後続ライダーがトップに入れ替わり立ちつつも、なんともう一人のチーム・グレッシーニ所属のライダー、Michele Pirro選手が優勝すると分かった頃、アナウンサーから衝撃の一言・・もう悲しいニュースは絶対いやだと思っていた矢先に・・

「二週間前に起こった悲劇を乗り越えての優勝です。チームメイト、マルコにささげる優勝でしょう。」会場に掲げられているマルコ・シモンチェリの写真がテレビに大きく映し出される。

ラップトップの電源を入れてモトGPサイトを調べたら、10月23日にあったマレーシアグランプリのレース中にマルコ・シモンチェッリがクラッシュ、数時間後に死亡が確認されていた。レースは赤旗(中断)、キャンセル。

Michele選手がゴールラインを超えるとき、肩を震わせて泣ているグレッシーニ監督をチーフメカニックのファブリツィオが抱きしめている。・・どうしてまたこの二人なのだろう?どうして?と問わずにはいられない。

実は10月半ばに92歳の祖母が他界し、わたしは急遽日本へ一週間ほど帰国していた。10月23日マレーシアGPのあった日は、一日日本からムンバイへ戻る移動中だった。モトGPの話をする人などここには全くいない。だから今日まで全然知らないままだった。知らない間に、また、ライダーが、しかもチーム・グレッシーニのライダーが、レース中に命を落としていた。

Michele選手はグランプリ初優勝。優勝インタビューのとき、レース中、走ってるときにマルコが僕とバイクと一緒にいたことが分かったから勝てたんだ、彼が力をくれたんだ、と涙をこらえてコメントしていた。

・・全く同じシチュエーションを知っている。大ちゃんが亡くなったとき、チームメイトのセテ(・ジベルナウ)がやはり大ちゃんの亡くなった次レースで優勝、インタビューでMichele選手と同じことを言っていた。マルコや大ちゃんは表彰台常連ライダー、でも、失礼な言い方だが、Michele選手とセテはそうではないのに勝った、というところまでもが同じ。(ちなみに、セテはその後、表彰台常連ライダーへと成長した。きっとMichele選手もそうなるに違いない。きっとそれくらい大変な体験なのだ。)

チーム・グレッシーニのホームサーキット、(イタリア)ミサノ・サーキットには daijiro kato ストリートがある。ミサノから遠くない街で育ったというマルコ・シモンチェリ、彼の名前のストリートも作られるそうだ。いつか一度訪れたいと思っていたのだが、もうこれ以上悲しい想い出が刻まれることはありませんように・・。

更に気付けば、前回モトGPのことを書いたのは、富沢祥也選手が亡くなったときだった。2010年9月のことだ。なんと言うことだろう。

来シーズンはどんなシーズンになるにせよ、どうか皆が無事でありますように・・。



2011_Diwali_with_Tiffany.jpg10月26日はヒンドゥ暦の正月、ディワリだった。ウダイプールへ行ったとき、思い切って買ってきた新しいサリーを着た。ウダイプールは、ラジャスターン州にあり、ラジャスターン州と言えば、ブロックプリントが有名なところ。このサリーの模様も、全てブロックプリント。一つがどのくらいのブロックになっているのか想像もつかないが、6メートルの布にペタペタと手作業で色を付けるのだからすごい。

2011_Diwali_with_Tiffany2.jpgイベントと言えばちゃんとサリーを着てくる台湾人の同僚と記念撮影。正月当日は休みの人も多いことから、会社のイベントは10月20日に行われていて、今年はそういう訳で日本帰国と重なり、皆と一緒にサリーで記念撮影できなかったのが残念。でもまぁ無事正月に着られてよかった

二週間前、ナリマン・ポイントにある「コーヒー・ビーンズ」でMotoGP予選を観たその翌日、MotoGP本戦は録画予約も忘れ、月?火曜日の再放送も逃し、水曜日になって再・再放送を探したけれど、もう見つからなかった。

気になりつつも、MotoGPのサイトでニュースをチェックすることなく、今日を迎えた。

ちょっと疲れがたまっていたのか久しぶりに12時間以上の睡眠をとり、昼過ぎに起床。お昼は久しぶりにパスタを茹でて、玉ねぎ・キャベツ・トマトを煮てトマトソースを作る。

…今日はたしか夕方からMotoGPだったかしらん、、と思いテレビをつけたら、既に125ccの表彰式!テレビを観ながらパスタを食べるか一瞬迷うも、いかんいかん、せっかくのご飯、ちゃんと味わって食べ終わってからMoto2クラスを観よう、、とリビングに戻る。

バジルがないのが残念だったが、胡椒をガリガリ…。トマトの煮具合がちょうどよく、おいしかった。インドのトマトは、火を通すと本当においしくなる。

部屋に戻り、さてMotoGP観戦だ、、とテレビを観たときそこに映っていたのは、セーフティーカーに貼られた、ブラックリボン"48 Shoya"のステッカー。…全身、鳥肌が立つ。

ラップトップを起動してネットにつなぐ。MotoGPサイトを開く。…トップページに「Send your tribute to Shyoya Tomizawa」(富沢祥也選手への追悼メッセージを)。

…信じられない。またこんな哀しい訃報…。

富沢祥也(とみざわしょうや)享年19歳。二年前から世界二輪グランプリ(MotoGP)に参戦し始めた、ライダーだった。すんごい明るい子で、素直そうな子だった。

彼の師匠、上田昇が125ccのライダーとして活躍している頃と、大好きだった加藤大治郎?大ちゃんが活躍していた時期が重なっていたから、彼の活躍は、私に時間の流れを感じさせていた。

その彼もが亡くなってしまうとは…。(レース中に転倒。後続車二台にはねられたとのこと…。)言葉もない。

しかもミサノ・サーキット…。大ちゃんはミサノ(サンマリノ共和国。周囲をイタリアに囲まれた小さな国)のすぐ側に住み、所属していたチーム(グレッシーニ)のホーム・サーキットがミサノ・サーキットだった。敷地内には「Daijiro Katoh」メモリアルストリートもある。


富沢選手のご冥福を心から祈って。合掌。



(2003年に鈴鹿で)大ちゃんが亡くなった後発足した、セーフティーコミッションのメンバーとして精力的に活動しているヴァレンティーノ・ロッシの、
「こんなことが起こると、成績のことなどどうでもよくなる。」
という言葉が重い。一体どのような精神をもってして、彼ら?残されたライダー達?はサーキットを走り続けているのだろうか。
マリーン・ドライブの足あと

Photo by YK : 2010.09.05 "Marine Drive", Mumbai, India


[昨日からの続き]

WTC(ワールドトレードセンター)前からタクシーに乗り、同僚に教えてもらったくつろげるコーヒーショップ、「コーヒービーンズ」で休憩すべく、(少し北上)ナリマン・ポイントへ。Rs.30、7-8分?

「コーヒービーンズ」に入ると、店内にはテレビが2台あり、1台はクリケットの試合、もう1台は・・MotoGP予選のライブ中継(音なし。でも頭の中ではしっかり音あり

キャロットケーキ(クリームチーズアイシング)Rs.100 と、アメリカンのSサイズ Rs.70 を注文し、喜び勇んで、予選観戦ができる位置のテーブル(ソファー)へ。

クリームチーズアイシングとは名ばかりで、激甘クリームコーティングなケーキ…。仕方ないのでクリームをはがしながら、キャロットケーキだけをほおばりつつ、ダニ・ペドロサ絶好調?な様子を楽しむ。しかし、、どこのコーヒーショップも値段設定が高いって…。
信じられない。。昨日の続きの本文?9/5に一気に書いた一日の行動記?を誤って消してしまったらしい。it's GOOOooone!!

昨日とっても眠かったのに、頑張ってしまったのがいけなかった。あぅー。同じトーンで続きを書く気力はどこにもない…。

まだ三分の一だったのに…。

悔やみ続けてもパソコンがデータ復旧してくれるはずもないので、今日は今日のトーンで、続きを書いてみよう…。



エキシビジョンを見終えた後、同じWTC内にあるNature's Basketというスーパーへ。美穂さんブログで知った、オーガニック食材を扱うスーパー(成城石井とNatural Houseを足して二で割った感じ?)。
2010.09.09 00:00 | 食 : Foods | Trackbacks(0) | Comments(2) | Top▲
Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。