Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
今年も光の祭典、ヒンドゥー暦のお正月、ディワリがやって来る。日曜日の当日に向けて、街中が彩り豊かにライトアップされている。

RIMG2830a.jpg

RIMG2841a.jpg

RIMG2832.jpg

RIMG2833.jpg

下の写真のお店は、花火・爆竹専門店。花火はともかく、爆竹は相当やっかいな代物。昨日ソサイアティの中を歩いている最中に、5M位先で爆竹が突然なってすごく怖かった・・。あと数秒速足で歩いていたら大変危ない目にあうところだった。爆竹については大人が使い途をしっかりと子どもに教育してくれないと本当に困る…

RIMG2836.jpg

しかし怖いことばかりでもない。近所を写真を撮りながら歩いていたら、虹色スター型のかわいい電飾ものを発見、さっそく購入

RIMG2842_20131102035113b8d.jpg

うちは一階で、階段の目の前だから人通りも多いし、去年もドアに何か飾れたら華やかになるのになと思っていたのだが購入できずじまいだった。が、かくして、わたしも今年は仲間入り 

家に帰ってさっそく玄関にかけたら、らお向いさんが出てきて、「うちのドアのところまで光が届くわ~」と大層喜んでくれた。そして、「うちの中まで入って、真正面からの写真を撮ったらいいわよ」、と家の中にまで誘導された・・。ここまで喜んでくれれば、買った甲斐もあったというものだ。

RIMG2843a.jpg

ではでは、皆様にも富と繁栄が訪れますように・・

『ハッピー・ディワリ! HAPPY DIWALI! 』
スポンサーサイト
先日始まったと思ったガネーシャ、ガナパティ祭、もう一部では一昨日が最終日だった!7日目と10日目が最終日かと思っていたら、5日目もそうだった。皆が10日目に儀式をすると、混んじゃって大変だからだろうか・・よく分からない。

ガナパティは最後、海に戻される。よって各ソサイアティから海方面は Dancing people on the street で溢れることになる。これは夕方4時過ぎから始まるため、早々に退社する予定だったが結局6時を過ぎてしまい、会社から歩いて帰ることにする。思ったより時間はかからず40分程度。悪くない。(が、その後自宅から友人宅までも往復-片道20分-したので、翌日は若干太腿が筋肉痛…。)

せっかくなので近所のソサイアティのガナパティにも挨拶すべく立ち寄った。

通勤路のガナパティ

これは結構、ハデハデ系な装飾だ。テントの天井には宗教画が貼られ、蛍光色のライトアップ。

部屋の中は教会仕立て?

下のガナパティはとてもこじんまり。Aartiと呼ばれるPooja(儀式)-Diyas(オイルランプ)を乗せた皿を身体の正面で炎から立ち上る煙を浴びるようにくるくると回す-の最中で、残念ながらこの写真では全然伝わらないが、スピーカーから流れる大音量の曲に合わせて若者がミニシンバルを、人々は手拍子を響かせ、気持ちのいい熱気に満ちていた。

隣のソサイアティのガナパティ

隣のソアイティの、ガナパティ用テント

8月にたったの二泊三日と言えど姉と一緒に思う存分ケーララで休暇を満喫してから、もう一か月が経とうとしている!(ブログも更新しないまま一か月以上が経ってしまった…

二週間くらい前から家のドア(木製)が突如軽くなり始めた。これはモンスーンがようやく終盤になってきた証。青々と鮮やかな緑もいいのだが、、やはりあの刺すような太陽の光が恋しい!

そして9月、、9月と言えば祭りの季節の幕開け。11月の光の祭典、ディワリまで小さなものから大きなものまで色々な神々の祀り事が続く。

その皮きりとして来週の月曜日には象の頭を持ち4本の腕を持つガネーシャ神(ヒンドゥー教のシヴァ神とパールヴァティーの息子)が下界?へと帰ってくる=祭りの初日。諸説あるが、7日目または10日目に上界?へと戻る。その間、人々は自分たちのソサイアティに各々でガネーシャ神を祀り慕う。


よってこの週末は前夜祭。地元マハラシュートラ州(マラティ)独特の太鼓とドラムの音が一時間位前から街中で鳴り響き始めた・・・。こうなるといくら窓を閉めようと、もともと建てつけのしっかりしていないビルディング、窓の隙間、ドアの隙間、ありとあらゆる隙間から音楽が漏れてくる。

いや漏れてくるとかいう音量ではなく、しっかりと流れ入ってくる・・・。じゃんじゃか じゃかじゃか じゃんじゃかじゃん・・じゃんじゃか じゃかじゃか じゃんじゃかじゃん・・

結構平坦な音楽で延々と同じリズムが刻まれ、テンポだけが段々速くなりマックスに達するとシンバル音が鳴り響き、また元に戻り、これが延々と繰り返される。ずーっと聞かされていると飽きる。でもムンバイに住み始めて4年目、段々肌になじんてきたのか、久しぶりに聞くと懐かしい気持ちが湧くようになってきた。

ナヴィ・ムンバイに住んでいた頃は友達と街を歩き回って色々なソサイアティのガネーシャ神に会いに行っていたが、ムンバイに越して来てからは自分のソサイアティのガネーシャ神にしかご挨拶をしていない。今年は少し街を回ってみようかな。

下の写真は去年のガナパティ。ガネーシャの別名だ。地元民は皆ガナパティと呼ぶ(音としてはガンパティとも聞こえる)。結構色がどぎついものが多い中、うちのソサイアティのガナパティは品もあってなかなか悪くない。

ガネーシャ神(ガナパティ)
あけましておめでとうございます

今年は・・もう少しブログを意識的に、自分にも読んでくれる人にも有効に使ってみようと思います!頑張ってみます!

大好きなムンバイのこと、もう少しちゃんと伝えるということを意識して、書いてみようかと・・。

今日はさっそく(数少ない)ムンバイ名物のひとつ、ドビーガート(Dhobi Ghat)を紹介。

RIMG1831.jpg

ドビーとは洗濯をする人のことで、ドビーガートとはその洗濯する人びとが生活している大洗濯場のこと。

ずっと行きたいと思っていたものの、昨年末家族がムンバイに来てくれたときに初めて行った。タクシーにドビーガートのマハラクシュミ側へ、と告げたらきちんとドビーガートが見渡せる陸橋の下で降ろしてくれた。

RIMG1837.jpg

着くとさっそく物売りが来る。でも物売りの人に「要らない」とヒンディで答えると、え、ヒンディ話せるの!!と笑顔。そのあとは「白い洗濯物は病院やホテルのもの」「色別に中の人たちは住み分けてるの」「このあたりは、ひとつひとつ小さい部屋になっていてドビーが住んでる場所」などなど、人懐っこく、詳しく説明してくれた。

地元の人はヒンディを片言でも話すと大喜びで、今回みたいに友だちのように接してくれるのが常。こんなときはとても心強い。

そのあと父が彼女からムンバイのポストカード13枚入りを購入する時には、いつもは250ルピーで売ってるんだけど、あなたには150ルピーでいいわ、と頼んでもいないのにおまけもしてくれた

また彼女から、中に入るには案内料として一人100ルピーから200ルピーかかると聞き、すでにドビーガートの話しを十分聞いていた我々は、橋の上から眺めるだけにとどめ、というか橋の上からが一番よく眺められるし十分だね・・ということで中には入らなかった。

RIMG1832.jpg

ここの人たちは洗濯物を小さく区切られた洗濯場の石壁に、バシャンバシャン!と布を打ちつけて洗う。

生地の大半がコットンならではの洗い方だとつくづく思った。



ドビーガートはマハーラクシュミ駅に隣接していて、観終わった後の電車での移動がとても楽だった。

友だちに教えてもらった、この観光コース:ドビーガートまでタクシーで行き、ドビーガートの後は電車で南のチャーチゲート駅まで電車(一等車)で移動はとてもおすすめ

すでに高齢の両親はともかく、高校生の甥っこはムンバイの電車を体験してもらいたかったから、それがかなってよかった。

RIMG1836.jpg
10日程前、友人とご飯を食べているときに、カラゴーダ・アート・フェスティバルが催されていると聞き、もうあの日から一年?!と思った。

早いような、早くないような、、インドに来てからの月日に関してのわたしの感想はいつもそんな感じ。

そういう訳で今年も先週末、アート・フェスティバルに行ってきた。去年の方がよかった、という噂の真意を確かめることは残念ながら不可能なほどに混んでいて、とりあえずきょろきょろ、流して終わってしまった。

RIMG0764.jpgRIMG0767.jpg

(写真 左上)壁にかかっている、猫の絵(のTシャツ)を遠くから見つけ、その場所へ吸いつけられたものの、販売用ではなくしょぼくれる我・・。(写真 右上)TGIFとは、、Thanks GOD It's Friday!の略である。ここで働き始めて、知るべくして知った単語の一つと言えよー。色々なところで言われていることだけれども、ムンバイの時間の流れ方は、昭和と平成のそれが混ざっている。この単語を知ったときは、「はなきん」という言葉が(東京に?日本に?)生まれたあの時代に戻ったんだな、と思った。
RIMG0758.jpgRIMG0770.jpg

RIMG0773.jpgRIMG0775.jpg

DSCN5521.jpg

Photo by YK : 2010.11.03 Vashi, Navi Mumbai, India


ヒンドゥ暦のお正月にあたる、Diwali(ディワリ。ディパワリ:दिपावली。)は光の祭典。二日前が、ディワリ当日だった。遅ればせながら・・Happy Diwaliसुभु दिपावली


DSCN5549.jpg光の祭典だけあって、お店も各家庭もネオンに彩られ、日本がクリスマス前に華やかになるのとちょっと似ている。

ディワリ当日は盛大な花火も打ち上げられた。日本同様、ファミリーパック的な花火も売られている。よって道路はいつにも増してゴミだらけ…。

会社では祭司を呼んで一連の儀式が行われ、その後花火の余興あり。同僚達とご飯を食べて、23時頃帰宅。
DSCN5553.jpgDSCN5550.jpg
DSCN5551.jpgDSCN5569.jpg
今週は疲れた…眠い…と思うも、激しく打ちあがる花火の音と爆竹の音で、どうにも寝られそうになく屋上にあがる。向かいの一家に交じって、シートに横になって花火を観る。

河川敷きでもないのに異常なほど花火に近い。一体どこで打ち上げているんだろう。何尺玉なのか分からないけれど、それなりに大きい。火薬カスがバラバラと、道路に音を立てて落ちてくる。マンションに飾り付けられたイルミネーションにも直撃し、バシッとショートしたりもしてる…。

DSCN5552.jpg情緒とかそういうものを求める花火ではなく、ドカーンとあがり、「今の三色だったね!」と三色で喜んでもらえる世界。それでも花火は花火。ないよりはよい。

段々花火の打ち上げられる間隔が長くなってきて、ついに寝てしまった。そう言えば、どんなにうるさくても眠れるのがわたしの特技であった。

気付くと花火が終わり、屋上にはおばさん一人だけが残っていて、わたしが目を覚ますと「Chalo!(行くよ!)」と一言。自然に起きるまで待っていてくれたみたい。優しい。ありがとう。
ナヴラトリの踊り

Photo by YK : 2010.10.13 Sanpada, Navi Mumbai, India


ヒンドゥー教のお祭、ナヴラトリの期間中の夜、スティックを持って踊るスティックダンスや、Dandiya(ダンディヤ)と呼ばれるダンスが、街のそこかしこに設置された会場で見られた。散歩しているとどこかで必ず音が鳴っている。

五日目の夜、新しいルームメイトの米国人、ロイシンと近所のお寺の境内で開かれているダンスを見に行った。夜8時半。まだ人影がまばらで、踊っている人も少なかったが、9時頃になると熱気を帯びてきた。(祭りは真夜中まで続く。)

なんだか分からないけど、踊っている人たちから目が離せなくなる。とにかく楽しそう、と言うか思いっきり楽しんでいる。音楽にあわせてステップを踏む。振付はかなり自由。皆思い思い好きなように踊る。女性の衣装も華やか。額に汗して踊る。
Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。