Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
自分の晴女度合いが怖い日々。雨季で、豪雨で、洪水で大変なことになっているムンバイの街も見てみたいと思って来たが、とても良い天気な日々。

一度など、ホテルの窓からスコールを目にして外出すべしと外に出た途端に雨はあがった。外にいる間は、未だ一度も雨に降られておらず、マンハッタナーズの傘(=素敵な猫画傘)をムンバイカー(=現地のマラティ語で、ムンバイ住人)にお披露目する機会も得られず、過ぎていく日々。

フランスのバスク地方に行った時には、ゲイの人に「あなたの傘、とっても素敵ね」と話しかけられたり、ホテルのロビーまで来てから、部屋に置いてきてしまった傘を取りに戻ろうとしたら「あの猫傘だね」と、いつの間にやらホテルマンチェックも入っていたマンハッタナーズの傘。だからと言って、ムンバイカーに何を期待する訳でもないが。…まぁ、凝視される程度かしらん。

閑話休題。

大雨の時に、人々が何を着て、何を履いて、やり過ごしているのか等見てみたかったのだが、街を歩いてみて、彼らが大雨であたふたしている姿はまったく想像できず、きっと雨が降っていようがいまいが、変わらないんだろうなと、とりあえずの推察。余りにも突発的に降って、突如止むから、対応のしようもない、との察しもつくが。
スポンサーサイト
ムンバイに到着

期待通りANAのBJ(ビジネスジェット)は、とっても快適だった 。9時間のフライト、そしてオンタイムで到着。隣席だったムンバイ在住のおじさま曰く、AIR INDIAも同じ程度の価格だけれど、BJはそれとは比べ物にならない位の快適さで、間違いなくBJがベストな便、とのこと。

このおじさまが、これまた歴代の隣席人NO.1ではないかと思うくらいスマートなマナーを身につけている方で、そういう意味でも本当に幸運なフライトだった。実は、予約していた席はこのおじさまの隣ではなく、交換依頼を受けた結果、その席になっていたから。

(BJについては、ムンバイへの移動手段として非常に貴重だから、後日、写真と共に改めて情報を掲載する予定。[追記:その後日、の記事は文字をクリック]

気になる天気は、空港からホテルまでのタクシーに乗っている間、雨がパラパラと降った程度で、ホテル到着後、一時間ばかりジュフー・ビーチを散歩することができた

初日の今日だけ、前回も利用したジュフーエリアのホテルに宿泊。この2つ星のホテルは、従業員の雰囲気が柔和で悪くないし、部屋は可もなく不可もなくということで、リピーターになっているけど(3回目)、マイナスポイントはヘアドライヤーがないことだった。。(部屋にないだけでなく、貸出もしていない。)知っていた筈なのに、すっかり忘れていた。現在、部屋の天井についた大きなファンの真下で、髪の毛が乾くのを待つのも兼ねて、ブログを更新中

(ホテルについても、やはり後日、改めて情報を掲載予定。)



ついさっき、飛行機の中から、ずぅーっと抱えていたもやもやの謎がとけてスッキリした

それは、『(ボリウッド俳優シャー・ルク・カーン(Shah Rukh Khan 略してSRK)は、インド版、熊川哲也』だということ。
 
『(サッカー選手ハリー・キューウェル(Harry Kewell)は、オーストラリア版、羽賀研二』位、良く似ていると思うのだけど、果たして同意者が得られるかしらん。彼らから醸し出されるフェロモンがとても良く似ている。

これまでインド映画をほとんど観ずにきたから、インド映画観賞は今後の楽しみの一つ。それで機内で早速「Billu」という映画を観たら、このシャー・ルク・カーンが出演していた。期待を裏切らず、激しく踊りを披露していた。
今年の2月に訪印する時に取得した”観光VISA”の期限を前に、近々もう一度ムンバイを訪れることにした

Photo by YK : 2009.03.06 Juhu Beach, Mumbai, India


残念ながら、まだ渡印(=引越)の目処は立っていない。でも今ムンバイは、一年の間に約三カ月ある雨季の只中。年間の降雨量グラフを見る限り、雨季以外の時期に雨はほとんど降らない。そんな土地の雨季の街を、見てみたい。

観光VISAは所定の手続さえすれば、再び取得は可能。でも申請&受取時間などに制約があり、ちょっと面倒。それに件の美穂さんのブログでANAには(成田⇒ムンバイ)直行便があることを知り、また"エコ割7(7日前迄に予約)"を利用するとかなりリーズナブルなチケットになることが分かってからと言うもの、早く行きたくてうずうずしていた。
時々行くそのイタリアンレストランのBGMはいつもオペラだったが、先日行った時はヴォーカルの入ったオペラではない曲が流れていて、その音楽を聴くともなしに聴きながら食事をしていた。

何だか聴き入ってしまうその声・・・・形容のしがたい音楽だな、と思いつつも、昔『アリー・マイ・ラヴ』(米国テレビ番組『Ally Mcbeal』)の中で聞いた、ある人の歌声を思い出した。

・・・確か聖歌隊の一員だった彼には、お目当ての彼女をプロム(卒業ダンスパーティー)に誘う勇気がなく、アリーを同伴してプロムに出席し(勿論、発案者はアリー)、そのプロムで彼は歌を披露して自信を取り戻す、という様なストーリーだった。

『アリー』にはよく特別出演で歌手が出演していたから、彼もそうだろうなと思っていた。

Photo by YK : 2009.02.27 Juhu beach, Mumbai, India

Photo by YK : 2009.03.03 Elephanta Island, Mumbai, India


牛たちは、みんな自由で、平和に暮らしているように見えた。

この国の乳製品がおいしいのは、もっともな気がした。

・・・例え、落ちているバナナを食べていたとしても。
2009.07.13 00:58 | 食 : Foods | Trackbacks(0) | Comments(0) | Top▲

Photo by YK : 2009.03.02 at "Netaji Subhash Chandra Bose Rd.", Mumbai, India


Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。