Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
タージマハル・ホテル

Photo by YK : 2009.03.05 "Taj Mahal Hotel", Mumbai, India


東京で働いている同僚が、ただいま、ムンバイへ出張中。

よって先週末、久しぶりにムンバイ観光地へ赴いた。

2008年11月26日、テロの標的となった、タージマハル・ホテル。

上の写真は初めてムンバイに来たときのもの。このときは外観を眺めるに終わった。

一番被害のひどかったところも修復が終わり、先日?8月15日の独立記念日に全館営業再開となった。

今回そのホテルに初めて足を踏み入れた。宿泊客以外でも歓待してくれる。

とても気持ちのいいホテルで、思わず階段を駆け上がり、、同僚に頼んで記念撮影

は高いところがお好き

階段でご機嫌の我

2010.08.22 "Taj Mahal Hotel", Mumbai, India

スポンサーサイト
バス停にたなびくちっちゃな国旗

Photo by YK : 2010.08.15 Sector 18, Vashi, Navi Mumbai, India


8月15日は、インドの独立記念日だった。

テロの心配も報道されていたが、街を見ようと外出すれば、そこかしこにインドの国旗。

店の前の、バス停に、一生懸命背伸びをして、ちっちゃな国旗を飾る青年がいた。

何やらかわいらしいので、パチリ
DSCN5025.jpg

Photo by YK : 2010.07.26 "Cafe Vihar", Vashi, Navi Mumbai, India


上の写真は、パコラ(Pakora:पकोड़ा)というインド版天ぷら。ここのレストランのものは衣がかなりしっかりとし過ぎていたフリッターのようなものだったが、一般的なパコラは、いわゆる『掻き揚げ』。サクサクしてて、いくらでも食べられてしまう、クリスピーな食べ物。

一年中食されているメニューだが、雨季になると、レストランなどでは『チャイ(お茶)と一緒にパコラを食べよう』と、シーズンメニューとして登場している。

雨季は気温が下がるから、ホカホカのパコラを食べて温まろう、というのがその習慣の由来、とのこと。会社でも三時のおやつ、にパコラが用意された日があり、こちらは掻き揚げタイプで美味しかった

雨季に入って二カ月が経過しようとしている今日この頃、マクロビオティックで習った、揚げ物の効用を思い出し、この習慣の存在意義に、納得。

揚げ物には、上昇の力、緩める力が、強くある。揚げ物を食べると『揚げて』あるだけに、気分も高揚する。頭がちょっとボーッともする。

例えば:子供の夕飯に揚げ物を供すると、そもそも(子供の)低くない「気」が上がりすぎて、きゃーきゃー大騒ぎになって眠れなくなるので避けましょう、とか、お昼に揚げ物を食べた後の、午後の授業は眠くなります、等。

そもそも雨に弱い、我が体質。これは野口整体の勉強会で明らかになったことだが、雨が降っている日に、気分が下がり鬱な気分になる人と、ならない人がいるという。皆、雨の日には、多かれ少なかれ気分が影響されているのかと思っていたが、そうではないと知った。

わたしは、前者、雨が降ると気分が下がる。よってなんだか悶々としてきた気分を、外に出て発散したくなるような日にも、豪雨で外にも出られなかったりすると更に悶々とする…。よろしくない。

よってパコラでも食べて、気分をあげて、ネガティブなことにとらわれず、ちょっとはボーッとしたりしていかないと、知らず知らずに鬱っぽくなってしまう気がする。

と言う訳で、『雨季にはパコラ』に、納得。

…いや納得できなくても、美味しく食べられればそれでいいんだけど、、納得したい性分なのだ。これが私
2010.08.07 23:59 | 食 : Foods | Trackbacks(0) | Comments(2) | Top▲
三点セットのドレス

旅行したときに買ったものを除けば、、上の写真のドレスが、自分で生地を購入し、テイラーに自分の好みのデザインに仕立ててもらった、初めてのドレス。

生地は、トップ、ボトム、ドゥパッター(ロングスカーフ)の三点セットで販売されている。ドゥパッターには、トップとボトムのデザインがミックスされているのが基本的なデザイン。

ボトムは、チューリーダルという?12分丈レギンスより更に長い?足首にたっぷりギャザーを寄せるタイプに仕立ててもらった。

[因みに生地の価格は、最初Rs.550と言われ、Rs.450に値切り、その後そのお店と提携しているテーラーに頼むことを承諾したら、Rs.400に。仕立て代は基本Rs.150。裏地をつけてもらって+Rs.150。総計 Rs.700!]

このドゥパッターはガーゼのような感じですごく気持ちがいい。『バンダニ』っていうのよ、この生地、と教えてくれたのは、オフィスにいるお手伝いさん。バンダニのサリーを持ってるのよ、とうれしそうに話してくれた。

カーゼのようなサリー…。想像しただけで着心地がよさそう…。いつか、欲しいな。

[2010.09.22追記]バンダニ、とはヒンディ語で「絞り」のことだった!と後日判明。

雨季でなくても埃っぽくて外に洗濯物を干すことはしない(※中には?雷雨であろうとー外に干す人も、もちろんいる。全ては個人の好み)。

うちでは?写真にあるように?家の中にロープを張り、そこに干している。

きれいな色の、自分の好きなドレスは、干している間も部屋の雰囲気作りに貢献する。

本日のBGM:福耳?『星のかけらを探しに行こう Again』&『夜空ノムコウ』?Augusta Camp 2007(楽しかったなぁ
Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。