Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
ナヴラトリの踊り

Photo by YK : 2010.10.13 Sanpada, Navi Mumbai, India


ヒンドゥー教のお祭、ナヴラトリの期間中の夜、スティックを持って踊るスティックダンスや、Dandiya(ダンディヤ)と呼ばれるダンスが、街のそこかしこに設置された会場で見られた。散歩しているとどこかで必ず音が鳴っている。

五日目の夜、新しいルームメイトの米国人、ロイシンと近所のお寺の境内で開かれているダンスを見に行った。夜8時半。まだ人影がまばらで、踊っている人も少なかったが、9時頃になると熱気を帯びてきた。(祭りは真夜中まで続く。)

なんだか分からないけど、踊っている人たちから目が離せなくなる。とにかく楽しそう、と言うか思いっきり楽しんでいる。音楽にあわせてステップを踏む。振付はかなり自由。皆思い思い好きなように踊る。女性の衣装も華やか。額に汗して踊る。
スポンサーサイト
ヒンドゥー教のお祭、Navratri(ナヴラトリ:नवरात्रि)の九夜目が昨夜で、今日は十日目を祝うお祭りの日。11月上旬には日本で言うところのお正月にあたる、ディワリも控えている。(9月には大人気のガネーシャ神を祝う、お祭もあった。)

今はそんな、お祭モードに満ちた雰囲気の中での生活。

ただでさえお洒落にうるさい=特に、その「色」に敏感なインド人女性たち。そしてうちの会社は、一般的に言って女性が多い会社。

オフィスではナヴラトリ期間中、カラーコードに沿っていない服を着て来た人は、お祭ムードに水を差したような視線を浴び、似て非なる色を着て来た人は「それは××色じゃない。」と指摘を受ける。なかなか手厳しい。

普段サリー姿の女性はとても少ない。大半が洋服か、クルタ(インド服トップ)にジーンズ。でもナヴラトリ期間中は、そのサリー人口が高まった。…そして我も初サリー出勤
政(祭り事)

現在Navratri(ナヴラトリ:नवरात्रि)、というお祭期間中。サンスクリット語で、Nav が「9」、Ratriが「夜」の意。女神の9つの化身、それぞれを祝うという、母なる女神を崇拝する大切なお祭のよう。

序盤の三日
自らの不浄なものを打ち砕いてくれる存在として、ドゥルガー女神(もしくはカーリー女神)へ祈りが捧げられる。

中盤の三日
信奉者に尽きることの無い富を授けると考えられている母神ラクシュミーへの祈りが捧げられる。

終盤の三日
知識を司る女神サラスヴァティーに対する祈りが捧げられる。

この様に、人生におけるあらゆる成功を得るべく、信者達は九日間の夜の祈りを通じて女神達の持つ上記三つの側面での祝福を求める。?以上、ナヴラトリ?Wikipediaより?


多くの祭事は、太陰暦=月の暦で日取りが決まる。そしてナヴラトリは、先週の金曜日の「新月」から始まった。

このナヴラトリ、九夜に因み、各日に九色が割り当てられている。(詳しいことは分からないけれど、州政府?が毎年、何日目に何色のドレスを着て祝おう、と定めるらしい。)

私が勤めている会社は催事好き。社員のための催事を色々企画する。

今回のは企画と言う程のものでもないけれど、このカラーコードに合わせた服を着て、皆でこのナヴラトリをお祝いしましょう、と告知があった。

初日の金曜日は、グリーン。

大して期待していなかったものの()、なかなか写真を撮るのが楽しいイベントだと気付く。同じキャビン(部屋)で働く女性たちがカラーコードに合わせてサリーを着て出勤…、など。

(土曜日がグレー、日曜日はピンク。)月曜日はホワイト、火曜日はレッド、水曜日はブルー、木曜日はイエロー、金曜日はパープル…。皆がどんな衣装を着てくるのか、ちょっと楽しみ。(最終日は、ピーコックブルー。)

少し頑張って日々の写真を撮ろうとおもいつつ、、我も初サリー出勤を試みることになった。…頑張って早起きせねば…。ドキドキ…。(さて何曜日でしょう。)
オフィスビルと空

Photo by YK : 2010.10.06 "オフィスビルと空" Vashi, Navi Mumbai, India


夏?四か月、雨季?四か月、冬?四か月。

3?6月が夏、7?10月が雨季、11?2月が冬。

もう10月。

雨季が終わろうとしている。

9月のある日を境に、ぐぅーんと湿度が下がった。

そして次第に気温が上がり始めた…。

雨季が終わったら『冬』ではなかったのか

何故日々暑くなっていくのか。

…と、友人にぼやけば、

雲があるからまだ気温はあがる。雨季の四か月と言うのは雨によって気温が下がっているだけで背後には「夏」がある。

たしかに。

最近空を見上げると、ふわふわした雲がよく浮かんでいる。

この地が持つ、ねっとりと濃厚な空気と対照的だなと思う。

気持ちよく抜けた空と、濃厚な大地だけでかまわないから、、

早く「冬」来たれ
Dear My Friend,

Tomorrow, may be, at midnight my new flatmate will come! She is American. I don't know exactly where she comes from, though. But anyway native English speaker is most welcome as my flatmate because my English, especially speaking English, is still bad..

Basically we, foreigners or Indians who are singles and their family don't live in Mumbai, share the flat which is company's accommodation and has two separate rooms for each and two bathrooms as well. Kitchen and a living room are to be shared. So, it is not bad.

I had shared my flat with a Korean girl till June, and since she left company I have lived alone till today.

Today I got up late and went out to see a movie but there was no movie I wanted to see, so I called my coworker who is Taiwanese, and then we had a dinner, Indian dishes, together.

Now I should tell you about my work here. I am a customer service manager for editing services. My company provides editing services for non-native English speakers, such as Japanese, Korean, and Chinese. More than 90% of our clients are Japanese. That is why I can be a customer manager here.

I was a system engineer for 10 years in Tokyo, but now I enjoy my work here. It has been half a year since I came here, Mumbai in India. So now I can say I am used to live here and work at the company.

I cannot explain how many caltural differences I have faced, but I still do love Mumbai as much as I did as a tourist. Needless to say, I love Indian foods, including spices and many types of grain and pulses. As for living, India is much much better than Japan for vegetarian. In fact its cannot compare with theirs.

Air pollution is the beggest problem to live in Mumbai, but since I have stayed in Navi Mumbai where there are less people and traffic, it has not been a big issue. The location between Mumbai and Navi Mumbai is like perhaps between Manhattan and Brooklyn. This is the same at least that there is a river inbetween..! I hope you can imagine that.

I will write you again, and you should know I am fine in India.

Take care and Love,
YK

children love raining

Photo by YK : 2010.07.17 "Children love raining" Sanpada, Navi Mumbai, India

Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。