Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
ドビー・ガート今日、待ちに待った『ドビー・ガート』を観た。ヒンディ映画である。俳優アーミル・カーンの妻、キラン・ラオ初監督作品。(ポスターの青地箇所は、ムンバイの街を形どっている。)

ドビー・ガートとは、ムンバイにある洗濯場のこと。洗濯を生業とするカーストの人々の(広大な)仕事場。本編にはドビー・ガートで働くドビーを中心に、異なるバックグラウンドを持った四人の人々が登場し、表現豊かに彼らの感情が描写されている。皆、ムンバイの外から来た人たち。アーミル・カーンはアーティストとして出演している。

トレーラー(予告編)がめちゃくちゃ渋くて、かっこよくて感動。また上映時間90分でインターミッション(休憩)なし、という事実を知ったとき、アーミル・カーンプロダクションらしい試みだな、とわくわくした。

ヒンディ映画は大体2?3時間。ヒンディ映画に限らず、ハリウッド映画を含め、映画という映画には全てインターミッションが入る、のがボリウッド式。

先週の金曜日、1/21に封切られ、さっそくよくない評判を耳にする。が、それは予想の範囲内。ここボリウッド映画の聖地ボンベイ(ムンバイ)で、万人受けする映画になっていないであろうことは百も承知。ますますわくわくした。

そしてようやく今日、90分間、思う存分ひたひたと映画から醸し出される空気に浸った私。大好きなムンバイの街の映像に酔いしれた。ポール・スミス・ストライプを思わせる、多様性の街ムンバイ。この街の原動力は、測り知れない数の人々そのもの。その多様性を形成している人々が、モノクロ写真でピックアップされる、粋な演出。

この映画のストーリーは見る人の心に響く。そして個々がそれぞれの解釈を持つはず、と製作者キランが言うように、分かりやすく起承転結があるようなストーリーではない。

お気に入りの映画『マイ・ブルーベリー・ナイト』に非常に近い感じ。同じくお気に入りの『バグダッド・カフェ』・・とはちょっと違うかも知れないけど、わたしの中では同じカテゴリーに属する。(つまりは自分が好きな映画群、というだけか。)

また音楽がしぶい。ヒンディソングではないのに、ムンバイの街の映像と人々の感情に、とても合っていた。作曲家に会いに、アルゼンチンまでキランが赴いた、という話にも納得。(『モーターサイクル・ダイアリー』担当の人、らしい。)

よかった。期待通りの、とにかく切なくてかっこいい映画だった。製作者側のムンバイの街に対する、熱い思いが溢れている映画。ムンバイを知らない人に、ムンバイてこんな街だよ、と訴えているかのような映画。

日本でも観られるといいんだが。あ、ちなみにこの映画には、ヒンディ映画に必ず登場するダンスシーンが一切ない。90分間上映でインターミッションもなく、ダンスシーンもないこの映画、ボリウッド映画ではない=規格外、とも聞いた。ばりばりのボンベイ(ムンバイ)発なのに。おかしな話だ。
スポンサーサイト
新年の決意を書いたのち、フラットメイトが代わったり、ムンバイにあるサンジェイ・ガンジー・ナショナルパーク(家からバスとリキシャで2時間位?)に行って、ライオン&タイガーサファリで、文字通りライオンと(ホワイト)タイガーを見て大興奮したし、カンヘーリ石窟にも行って仏教徒の在りし日の生活に思いをはせたし、(ここでは)高級(とされる)イタリアンレストランへ同僚たちと赴き、しばし本物イタリアンを満喫もした。お気に入りのジュフー・ビーチ初散歩も済ませた。

なのに、何故だか家でネットが使えなかったため、ブログ更新ができなかった。

更には先月、つまりは去年から年を越して、つい先日までの約一か月もの間、家にガスがなく自炊不可だった。当然の帰結として体調もすぐれず、ぐずぐず悶々とした日をすごすはめに。しかし仕事は忙しく。

そんな訳で、メール等の返信もできなかった。

が、先週末には渡印後初めてムンバイを出てマテランへ同僚達と一泊旅行にも行ったし、旅行から帰宅したその日、エンジニアを呼びつけ叱り飛ばしてネットも使えるようにしたし、そしてようやく今週から一か月ぶりに自炊もできるようになり(体調も改善される筈だからして)また少しずつ、ブログの更新そしてメールの返信(年賀状の返信含む)をしていく予定。

母へ。わたしが辛抱強い、のではない。毎日「ガス!ガス!ガス!」と言い続けても結局ガスが配達されるまでまる一か月かかっただけ、のこと。さて、いつお餅食べよう…。

頭に物を載せて運ぶ女性

Photo by YK : 2011.01.23 Matheran, India


PS 日本代表アジア杯決勝進出おめでとう?。日韓戦のテレビ中継などある訳もないが、同僚がネット配信版を見つけて、本日ヒンディクラス後、オフィスで大いに盛り上がりつつ観戦。決勝も頑張れ!
From where and what I should start..Oh..it should be "Happy new year".

Wish you all a great, blissful, healthy, bright, and very happy new year.

Good that I didn't forget to mention this because I was honored that some people visited this blog on the very first day of this year. I appreciated that. It would be great that everybody who visits here in this year will enjoy my dairy with photos, or get something useful information, or feel something new or just as it is, or get an idea of India.

My new year resolution. That is to focus on intuition. I knew that I would never regret anything if I could follow only my intuitioin and act. And I was trying. But, I realised that I was doing it only in a part of my life. It is very difficult to explain when I did and when I didn't because it was divided by fixed ideas.

There is one interesting episode.
Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。