Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
Face scrub and Lemon face wash

わたしの住むエリアのすぐ近くは、ちょっとした高級住宅地で、そういうところに住む富裕層をターゲットにした、雑貨屋さんやスパ、カフェなどがちょこちょこと点在している。

お店の入れ替わりもそこそこ激しく、それなりに激戦区なのだと思う。発展途上国インドの都市、ムンバイでは土地代がぐんぐんあがっているから、地主でない限り、ちゃんと売上を出さないとすぐ立ち行かなくなってしまうのだろう。

そんなことで散歩をすると、新しいお店に出会うことも多いのだけど、今回発掘したのは超穴場と言える類。話を聞けば250年も続いている、業界では老舗のお店なのでつぶれることはなさそうだが、このうちの近所の店舗が存続するために是非ここで宣伝をしたい!

ROOTS TO ROSES という、マハラシュートラ州アムラヴァティ(Amravati)に拠点を構え、フットマッサージオイルからフェイシャルスクラブ、アルコール・フリーの香油などを扱うお店。いわゆるアーユルヴェーダ製品。化学薬品を一切使わず、天然ハーブから造っている。

商品は、ムンバイで見かけることはかなりレアなガラス瓶入り。これだけでテンションアップ。Forest Essentialのパッケージもかわいいけど、やはりプラスティックボトルだもんね、ガラス瓶+コルク栓には叶わない。

このお店を今まで知らなかったことの方が不思議だなぁと思っていたら、先日紹介したインド資本の5つ星ホテル、タージ・グループのスパなんかにも商品を卸していると聞いて納得。ウェブサイトも見当たらないので、リテール向けには販売していなかったのかもしれない。タージの客室アメニティはForrest Essentialだけれど、 客室以外のところでROOTS TO ROSESも使われいてるとのこと。

香りも天然なだけあって、癒し効果満点。お店全体きれいな色のガラス瓶が配置されているので、お買い物の最中、アロマ・テラピーとカラーテラピーも一緒に体験できてしまう感じ。(・・まぁでもかなりちっちゃい店舗だし、ここまで言うと褒めすぎかもしれません…)。

「添加物を一切使ってないけど、ガラス瓶に詰めてるから、こうやって瓶から垂らすようにして、指を入れたりしないように使ってくれれば、いつまでも悪くならないの。だから製品製造日はラベルに書いてあるけど、使用期限日は記載していないのよ!だって期限ないんだもの。」

店員さんは正しい商品知識と自社商品への想いがきちんとあって、きちんと説明してくれる。そのお陰でとっても気持ちよく買い物が楽しめた。強調したいのは、正しい商品知識があるということと自社商品への想いが伝わってくるというところ。東京だと、例えばニールズ・ヤード、ボディ・ショップなんかの店員さん達は勉強熱心だし、愛ある商品説明をしてくれると思うんだけど、ここムンバイではどちらも兼ね備えてる人は-わたしの経験では皆無に近い。

店員さんは英語も流暢なんだけど、それでも無意識にヒンディも混ざってしまうような・笑、とても感じのいい女性だった。

今回購入したのは、ニーム・ターメリック フェイズ・ボディ スクラブ(Neem Turmeric Face & Body Scrub, 50g, 550 Rps)とレモン・オイル洗顔フォーム(Lemon Oil Face Wash, 100m位, 600 Rps)。(トップの写真)
スポンサーサイト


インドを旅行する際、いいホテルに泊まりたいという人には、インド資本の5つ星ホテル、タージ・ホテルグループを薦めます。外資の5つ星もいいけれどせっかくインドに来るのであれば、是非タージに泊まってインドの色々を心おきなく楽しんで欲しい

既に God's own country ケーララ州の大ファンのわたしと、そのケーララに是非訪れてみたいという姉と、ケーララ州はクマラコム(Kumarakom)にあるVivanta by Taj にこの夏姉と二泊してきました。

RIMG2532.jpg

ケーララに古くから伝わる建築様式に則って建てられたコテージは、壁や家具も華やかでバケーション気分を盛りたてます

RIMG25301.jpg

そして家にバス・タブのないわたしは、バス・タブの前で小躍り

RIMG2535.jpg

ホテルの敷地内にアーユルベーダ施設もあり、ここではしっかりとした施術が受けられます。

アーユルベーダ・マッサージが受けられるホテルはインド中、特にケーララ州ではどこにでもあるけれど、ケーララ州によって、ケーララ発祥の伝統的なアーユルベーダの施術をちゃんと受けられる設備が整っていると((Olive又はGreen Leaf)認定されている施設は実はそれほど多くありません。(参考:http://www.keralatourism.org/ayurveda/)

ちなみにオイルを多用するアーユルベーダ・セラピーは、オイル廃棄の方法なども州によって厳しく決められているようです。ドクターによるコンサルタントが受けられるのも限られたセンターのみで、マッサージとセラピーは別のものと考えるのが適切です。

RIMG25401.jpg
今年も光の祭典、ヒンドゥー暦のお正月、ディワリがやって来る。日曜日の当日に向けて、街中が彩り豊かにライトアップされている。

RIMG2830a.jpg

RIMG2841a.jpg

RIMG2832.jpg

RIMG2833.jpg

下の写真のお店は、花火・爆竹専門店。花火はともかく、爆竹は相当やっかいな代物。昨日ソサイアティの中を歩いている最中に、5M位先で爆竹が突然なってすごく怖かった・・。あと数秒速足で歩いていたら大変危ない目にあうところだった。爆竹については大人が使い途をしっかりと子どもに教育してくれないと本当に困る…

RIMG2836.jpg

しかし怖いことばかりでもない。近所を写真を撮りながら歩いていたら、虹色スター型のかわいい電飾ものを発見、さっそく購入

RIMG2842_20131102035113b8d.jpg

うちは一階で、階段の目の前だから人通りも多いし、去年もドアに何か飾れたら華やかになるのになと思っていたのだが購入できずじまいだった。が、かくして、わたしも今年は仲間入り 

家に帰ってさっそく玄関にかけたら、らお向いさんが出てきて、「うちのドアのところまで光が届くわ~」と大層喜んでくれた。そして、「うちの中まで入って、真正面からの写真を撮ったらいいわよ」、と家の中にまで誘導された・・。ここまで喜んでくれれば、買った甲斐もあったというものだ。

RIMG2843a.jpg

ではでは、皆様にも富と繁栄が訪れますように・・

『ハッピー・ディワリ! HAPPY DIWALI! 』
Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。