Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲

I clearly remember the moment I found this t-shirt at the shop in Shibuya Parco, Tokyo. It was summer in 2002. The price was 12,000 yen or so. It's quite expensive for me just as a t-shirt.

The shop sells only vintage clothes, and that was my first visit. A shop person explained to me that the cloth patched up on front is vintage, and the brand, California Vintage was now getting very popular in LA blah-blah.

As listening to his words, I was wondering why my eyes were stuck on this t-shirt; the taste was different from my standard, and neither the colour nor shape weren't so special, though the material was very comfortable, and it fitted perfectly.

Brazil was the champion of 2002 FIFA World Cup Japan/South Korea. Football interested me during this tournament only, and I had started supporting Brazil (rather than Japan), and they won. That was amazingly fun. Yes, thanks to Brazil I have been a football lover since then.

Yet, that's the only Brazil for me at that time. A good fun memory but nothing so special.

Though I couldn't find any reasonable reason to get an expensive t-shirt, I made up my mind to buy it because my work was just hectic, and there's no time to spend that money too, and that had made me feel even more empty.

Not that I rarely wore it till today. But, today my attention was drawn to the stitches in yellow and red, and as I was studying it to know how to stitch chains in two mixed colours, I realised it's a careful handwork.

The special warm feeling that this t-shirt has for me is from not only the vintage cloth but also the handwork.

I now know why this t-shirt struck me on that day. At that hard time I must have needed that warmth and that love in other words. It is invisible but certainly exists.

Here in India handwork products are abundant. I'm grateful.
スポンサーサイト
今年もスポーツ観戦が忙しい時期が始まった!

毎年この時期、欧州サッカーのチャンピオンズ・リーグ(CL)のベスト8が出揃い、リーグ戦に加えCL観戦も忙しくなる頃、MotoGPが開幕する。

日本よりもさらにモータースポーツの地位が低いインド。F1はインドで開催されていることもあり、時々F1ファンには出会うけれど、(バイカーはめちゃくちゃ多いくせに!)二輪レースへの関心は低い、というか、ほぼない。

よって自分でしっかりと日程を気にしていないと、見逃してしまう。サッカーみたいに、誰かに「今日のチェンピオンズ・リーグは何時からだっけ?」と聞かれて、はっ!今夜か!と思いだす、といったことが残念ながらない。

その辺りを学んだわたしは、今年は前もって開幕戦から5戦目位まで、携帯のカレンダーに登録して気合を入れていたのでカタールGP開幕戦を無事観戦中。開幕戦を観るのは3年ぶりだ。

しかし今日はよりによって、MotoGPの直後、クラシコ(レアル・マドリードvsバルセロナ)という絶対に見逃せない試合まである。Moto3、Moto2、MotoGPとすべてのクラスのフル・レースを観ていたら、クラシコまで気持ちが持たない。

ここ何年もMoto3は見ずに、Moto2をときどき、MotoGPだけはフルで見ていたのだけど、今日はひさしぶりにMoto3もちょこっと見ようと、ラスト3周から観た。それでも、十分興奮して疲れた。ラスト3周の時点で、ただでさえ表彰台争いが激戦だったのに、ラスト・ラップにトップがミス、4位まで落ちるも、なんとか追い上げ2位フィニッシュ。3位と4位は視認では同着にしかみえない、0.015秒差と、大接戦だった。

優勝したオージー・ライダー、ジャック・ミラーがそれはそれはうれしそうで、それを見ただけでも十分感動した。開幕戦勝利もうれしいと思うけど、彼はKTMのバイクだった。Hondaを押さえての優勝もうれしさ倍増の理由かもしれない。国歌を聞いて涙ぐむ程だったから、もっとほかにも事情があるのかもしれない。

0.015秒差で表彰台に上がることができた、3位の選手はバスク人(スペイン北部出身)だった。これもバスクに思い入れがあるわたしにはなんかうれしかった。

ただMoto3に日本人選手が一人もいないことはさみしい。全クラス、全てのバイクのタイヤはブリジストン、バイクもホンダが多いが、ライダーに日本人がいない。

Moto2にはもうすっかり常連となった日本人ライダー中上選手がいる。

今日の開幕戦、堂々の2位表彰台。優勝も可能なレースだったし、インタビューを聞く限り、とっても頼もしい感じ。是非とも今シーズン頑張って欲しい。

さてさて、ではこれから、MotoGPをしっかりがっつり楽しみます。・・・若い選手がどんどんMoto3、Moto2からあがってくるのもいいことだけれど、個人的にはいつまでも、馴染みの-大ちゃんと一緒に走った経験のある-ライダー達のレースを観ていたい。
ダッバとは、お弁当箱のこと。

ムンバイ名物のひとつ、お弁当配達人、ダッバワラーがたまたま目の前を今朝歩いていたので、パチリ

このサービスを使うと、電車のひどいラッシュ時に、お弁当箱を持ち込まなくてすむ、とのこと。


写真に写っているピンクのバッグは世界中で人気の、キティちゃん!
塀の上の犬。ムンバイは野良犬天国だけど、これはめずらしい!のでパチリ📷。
Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。