Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
ひこうき雲

Photo by YK : 2011.05.04 那須動物王国, Tochigi, Japan

姉宅のある神奈川・川崎に3泊、東京・荻窪に2泊、両親宅の栃木県・那須に4泊。ゴールデンウィーク中に日本に帰国したときの話。

空港と各地間の移動はすべて電車。目についたのは、駅のエスカレーター。節電でかなりの数が停止していた。時間限定で稼働している様子ではあったが。地上を走る電車の車内灯は、(おそらく昼間はずっと)消灯していて、薄暗い。地下鉄は、車内の蛍光灯が間引きされていた-物理的に3本おきに1本が外されている。

なんとなく薄暗い。なんとなく空気が重い。日本にいる間、もの哀しい、ずっとそんな感じだった。

それでも今回帰省中に髪を切り、かなりすっきりできてよかった。もし二日目に髪を切りに行けなかったら、その重い空気に負けていたかも知れないと思える程に、本当にすっきりと

あの行きたかったヘアサロンで、リフトアップカットを無事体験。砂山先生は噂(?!)通りの不思議な技術と眼力(?!)を持った方だった。

わたしは『髪を切りたい』と感じはじめてから、ずーっと下から上へハサミを入れるイメージで、とにかく「ジャキジャキ」と切って欲しい衝動にかられていた。長さは肩より少し長め。なりたい髪型、というのはなかった。ただイメージにはあるのは、そのジャキジャキ感と、なんとなく肩につく程度の長さだけ。

だからカット前のコンサルではほとんど具体的なことは何も言わずにお任せした。だって初対面の先生に、ジャキジャキ切って欲しい、などとちょっと言いづらい。

ところが、、我がイメージ通りに、ジャキジャキジャキジャキ切り始める先生…。長さも最初にイメージ通りの肩より少し長い程度。髪を切ってもらってる最中は、身体中の掃除をしてもらっている感覚…。偏った趣向を持っているみたいに、挟みを入れられてジャキッと音がする度、「あぁ~気持ちいぃ~」「はぁ~」など、マッサージを受けているかのように言葉を漏らすわたし。「おもしろいでしょ??」とニコニコする先生。

そんな風に気持ちよがっていたら、顔がだんだん変わってくる。カット前、先生に「あなたは顔が長いね。うん、きっとこの辺がね(目の辺り)ぐっとあがってきて、目が大きくなるよ。」と言われていた、その通りに目がくっきりとしてくる。具体的に言うと、まつ毛の生え際の角度が変わった。一時的にではない。以前わたしは疲れてくると二重部分が分厚くなっていたが、今は疲れてくると二重の厚みは変わらず、その奥に新たな別の皺が生まれるようになった(…)。

先生はなぜ自分がこのようなカットをする運命なのか、なぜ日本にいる自分にこんな技術が備えられたのか知りたいご様子だった。「不思議でしょ。なんでなんだろうね。知りたくない?」(…なぜわたしに訊く?)「だって知りたいでしょ?分かったら教えて。」(…たしかになんでも知りたい性分だけど。)「ま、日本であることとかは関係ないとは思うんだけどね。宇宙から見たらただの一惑星の一カ所なだけだから。」(…そうですね。)と、不思議なテンポで、途中「インド人もびっくりな髪量」という褒め言葉(?!)を頂戴しながらカットをしていただいた。

先生が納得するまではカットは終わらない。とりはらったエネルギー、残ったエネルギーをなじませつつ、バランスを見ては手を入れる。そんな風に、最後の最後まで丁寧に見てもらって、無事完了。

ちなみにヘアカット前に受けた泥スパ(ヘッドマッサージ含む)も最高に気持ちよかった。ガッチガチだった頭がほぐれた。そのように疲れがとれた後でも、更にカットで顔が変わった。それがまた衝撃。カット後の髪型が似合うかどうかは自分ではよく分からないけれど、とにかく首から上の緊張がなくなって、本当に楽になった。

その楽さ加減は、今も続いている。後頭部に絶対何かとりついていたに違いないと思うほど、後頭部に穴を開けて中味をカポッと捨ててきたかのような軽い感覚なのだ。

先生以外のスタッフもとっても感じよく、サービスは言うことなし。興味を持たれた方は是非行くべし!












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL↓
http://canopus3.blog66.fc2.com/tb.php/169-3a9e6800

Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。