Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
RIMG0110.jpg


ひさしぶりの更新となってしまったブログ。空白の日のことをつづる暇なく-新しいカメラ その2も無期限延期として-記録・報告しておきたいことをつづるべし。(※食事前の方は、食後にご一読ください。)

いよいよ本場で本物アーユルヴェーダを体験だ!
One of PANCHAKARUMA, VIRECHANA を明日から始めることに。

わたしは3つのドーシャ、ヴァータ、ピタ、カファのうち、ピタが弱っていると診断を受け、そのピタを整えるべく、それに適したセラピーVirechanaを受けることにした。

目的は皮膚トラブル解消。皮膚トラブルは「汚れちまった血」が全身をめぐって表面化された象徴。摂取したものが消化しきれず、毒素として内臓にたまりにたまり、肝臓などの機能が低下しているという。

これまでマクロの先生にも言われ続けてきたけれど、やっぱり腸内環境を整えておくことが重要、というか、健康維持とはもうその一言に尽きるということを再認識。今回は、(やはり)汚れちまっている腸、を使って身体の一掃をすることに。

Virechanaと呼ばれるセラピーは、体中に散らばっている毒素を腸へとうながし、腸からそれらを外へ出すという、アーユルヴェーダの5大浄化方法(パンチャカルマ)の一つ。

二週間ほど(上の写真の)タブレットを服用し身体の準備完了。明日からいよいよ本格的にコースがスタート!1コースは通して2週間くらいで一応完了するらしいが、個人差あり、ということでまずは前半戦の一週間分を始める。

明日から(下の写真の)薬入りギー(Ghee)を毎朝定められた量飲み、毎日マッサージを受ける。週末をむかえる頃には腸が毒素を出すべく、、loose motion dayとなるそうだ。

余談だが、英語の会話では diarrhea(下痢)とはまず言わず、loose motionを使う。diarrheaと口にした友人(女性)は、すぐに「loose motion て言いなさい」と直されていた。インドに遊びに来る人は、覚えておくと便利な英単語かも知れません。

というわけで、明日からドキドキわくわくのアーユルヴェーダ体験の日々だ。

RIMG0125.jpg
(それにしても左の写真のギー。
沈殿している黒いものが薬なのだが、右と左で量が違いすぎやしないだろうか。これは意図されたものではございません。
クリニックのマダムが、先生に指示されて用意してくれたもの。うーむ。自分で調節するしかないな。)












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL↓
http://canopus3.blog66.fc2.com/tb.php/174-da031557

Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。