Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
RIMG0372.jpgRIMG0373.jpg
リーガ(スペインリーグ)がアジアマーケット向けに日曜日の正午に試合を実施し始めているとかで、今日はレアル・マドリードの試合がその枠。よってLIVEで夕方観られると思っていたのに裏切られた・・。放送しないぢゃん!とふてくされるも、その代わり別チャンネルの同じ時間帯にモトGPの今シーズン最終レースがあることに気付く。

モトGP。ロッシがドゥカティに移籍した今シーズン。大ちゃんが所属していたチーム・グレッシーニのライダーやロッシを応援したりしつつ、観たり観なかったりしていたが、ホンダに移籍した後も恐ろしく速く安定した走りの、ケーシー・ストーナーが母国オーストラリアグランプリで優勝して、今シーズンのチャンピオンを獲得したレースを10月16日に観ていた。

そっか今日が最終戦だったのか。Moto2クラスのレースから観戦開始。日本人ライダー高橋祐紀がトップ!二位との差を広げている。高橋選手もチーム・グレッシーニ所属。好調な様子に安心して応援していていたのに、雨粒がコースに落ちてきた頃クラッシュ・・・。かなりひどく全身が投げ出された様子が画面に映される。ライダーが微動だにしない。血の気がひく。

実際の時間はよく分からないけど、とにかくかなりたってから、やっと医療センターでとりあえず「ライダーOK」サインが出たとのテロップニュースに胸をなでおろす。が、状態は決してよくはないはず。心配だ。

トップの高橋がいなくなったこあと、後続ライダーがトップに入れ替わり立ちつつも、なんともう一人のチーム・グレッシーニ所属のライダー、Michele Pirro選手が優勝すると分かった頃、アナウンサーから衝撃の一言・・もう悲しいニュースは絶対いやだと思っていた矢先に・・

「二週間前に起こった悲劇を乗り越えての優勝です。チームメイト、マルコにささげる優勝でしょう。」会場に掲げられているマルコ・シモンチェリの写真がテレビに大きく映し出される。

ラップトップの電源を入れてモトGPサイトを調べたら、10月23日にあったマレーシアグランプリのレース中にマルコ・シモンチェッリがクラッシュ、数時間後に死亡が確認されていた。レースは赤旗(中断)、キャンセル。

Michele選手がゴールラインを超えるとき、肩を震わせて泣ているグレッシーニ監督をチーフメカニックのファブリツィオが抱きしめている。・・どうしてまたこの二人なのだろう?どうして?と問わずにはいられない。

実は10月半ばに92歳の祖母が他界し、わたしは急遽日本へ一週間ほど帰国していた。10月23日マレーシアGPのあった日は、一日日本からムンバイへ戻る移動中だった。モトGPの話をする人などここには全くいない。だから今日まで全然知らないままだった。知らない間に、また、ライダーが、しかもチーム・グレッシーニのライダーが、レース中に命を落としていた。

Michele選手はグランプリ初優勝。優勝インタビューのとき、レース中、走ってるときにマルコが僕とバイクと一緒にいたことが分かったから勝てたんだ、彼が力をくれたんだ、と涙をこらえてコメントしていた。

・・全く同じシチュエーションを知っている。大ちゃんが亡くなったとき、チームメイトのセテ(・ジベルナウ)がやはり大ちゃんの亡くなった次レースで優勝、インタビューでMichele選手と同じことを言っていた。マルコや大ちゃんは表彰台常連ライダー、でも、失礼な言い方だが、Michele選手とセテはそうではないのに勝った、というところまでもが同じ。(ちなみに、セテはその後、表彰台常連ライダーへと成長した。きっとMichele選手もそうなるに違いない。きっとそれくらい大変な体験なのだ。)

チーム・グレッシーニのホームサーキット、(イタリア)ミサノ・サーキットには daijiro kato ストリートがある。ミサノから遠くない街で育ったというマルコ・シモンチェリ、彼の名前のストリートも作られるそうだ。いつか一度訪れたいと思っていたのだが、もうこれ以上悲しい想い出が刻まれることはありませんように・・。

更に気付けば、前回モトGPのことを書いたのは、富沢祥也選手が亡くなったときだった。2010年9月のことだ。なんと言うことだろう。

来シーズンはどんなシーズンになるにせよ、どうか皆が無事でありますように・・。



2011_Diwali_with_Tiffany.jpg10月26日はヒンドゥ暦の正月、ディワリだった。ウダイプールへ行ったとき、思い切って買ってきた新しいサリーを着た。ウダイプールは、ラジャスターン州にあり、ラジャスターン州と言えば、ブロックプリントが有名なところ。このサリーの模様も、全てブロックプリント。一つがどのくらいのブロックになっているのか想像もつかないが、6メートルの布にペタペタと手作業で色を付けるのだからすごい。

2011_Diwali_with_Tiffany2.jpgイベントと言えばちゃんとサリーを着てくる台湾人の同僚と記念撮影。正月当日は休みの人も多いことから、会社のイベントは10月20日に行われていて、今年はそういう訳で日本帰国と重なり、皆と一緒にサリーで記念撮影できなかったのが残念。でもまぁ無事正月に着られてよかった













管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL↓
http://canopus3.blog66.fc2.com/tb.php/184-1a7c4ddc

Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。