Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
ゴアにはかなりの数のビーチがあるというのに、二度とも同じビーチ、北ゴアに位置するこじんまりとした、プライベートビーチの感漂うオズラン・ビーチへ行っていた。
(※オズラン・ビーチの様子はコチラから。)

今回は行く前に少しリサーチする余裕もあり、南ゴアの中でも静かなビーチと言われていた、パトネム・ビーチを旅先に選ぶ。

RIMG1714.jpg

一緒に行った友人が繰り返し強調していたが、オズラン・ビーチとパトネム・ビーチの一番の違いは、パトネム・ビーチには物売りがまったくいなかったこと。

服、ヘナ、果物、ナッツ、スナックなどを売る物売りに加えて、ペディキュアや顔のむだ毛処理等、ビューティーサロン的サービスをさせてくれと言い寄るアンティたちも一切いなかった。

たしかにこれはとても大きな違い。

ビーチベッドでゆったりとした読書の時間を邪魔をする人は誰もいない。

RIMG1717.jpg

・・唯一邪魔するものあるとすれば、犬たちか。

日陰を求めてビーチベットの下にもぐりんこんでくる子もいる。
RIMG1744.jpg

またビーチ沿いに並ぶ、海の家のクオリティもよかった。

ゴアはどこもゆるく時間が流れているがここも例にもれず。

そこで働く人びとも人懐こいがうるさくなくて感じがよく、とても気持ちよく過ごせた。

RIMG1745.jpg

この女性二人組は砂浜の中腹をくわのようなもので耕しては、砂を黄色のケースに入れて店まで運ぶ。

何のためかは結局分からなかったが、一定の速さで同じ場所まで歩き、同じ作業を繰り返す。

朝から一体何度往復したのだろうか。

RIMG1760.jpg

そう言えばこれも友人が言っていたが、パトネム・ビーチはオズラン・ビーチに比べて砂浜がとても広かった。

海の家から波打ち際まで距離があり、漁船などがあってもまったく狭くならない、広々と気持ちのいい砂浜だった。

RIMG1765.jpg

ビーチの入口となる道は狭く、こういうところは北も南も同じ様子だ。

砂が赤いのがゴアで、レンガの色がなじみのレンガよりちょっと明るい色合い。

RIMG1716.jpg

波は荒いがその波の中で今回も思う存分海水浴を楽しんだ。

次はどこのビーチに行こうかな。

ゴアに手軽に行けるのは、ほんとうにうれしい限り

いいね、海岸は。毎日山を見ていると、やっぱり海も見たくなる・・・。
生命を生み出した海! 漸くインドへの旅行計画・旅程が確定、12月の
今頃は、西海岸のJuhu Beachをenjoyできそう。楽しみにしているよ。

2012.11.23 22:04 URL | Grandpa #AlwOkP6g [ 編集:Edit ]

Grandpai-258

Yes! 海もいいよん。待ってまーす!

2012.11.26 05:34 URL | YK #3v9IlUEY [ 編集:Edit ]













管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL↓
http://canopus3.blog66.fc2.com/tb.php/212-5548ac4c

Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。