Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
・・すっかり間が開いてしまいましたが、旅行記のつづき。行きも大変だったけど、、帰りも大変だったのだ

時刻通り発車したバス、晴天で渋滞などあるはずもない土地なのに、なぜか発車後一時間程度で既に到着が二時間は遅れると通知される。意味がわからない

我々の予定-
マナリ~シムラ バス 8:15~16:15
シムラ~カルカ 登山鉄道 17:40~22:25 (※登山鉄道のウェブサイトはコチラ)
カルカ~デリー 鉄道 23:55~6:30
デリー~ムンバイ 飛行機14:30~

登山鉄道(通称トイ・トレイン)から観る景色は今回の旅の目玉の一つでもあったのに、このまま行くとシムラに着くのは18時で登山鉄道にも乗り遅れてしまう。

が、バスのスタッフはシムラ~カルカはバスなら3時間行ける、バスで行けばいいとのたまう。そういう問題じゃないのに!・・道は悪いし、幸先は悪いし、不貞寝するしかない。何も考えてはいけない。

バスは途中トイレ休憩やチャイ休憩が入る。そもそも予定より遅れているんだから休憩はそこそこに先を急いで欲しいが、休憩を短縮する気なんてこれっぽちもない。腹ただしい限りだが、怒る気力はすでに失せ、気持ち悪くならないように眠り続けようとすることで精一杯である。

夕方になってきた頃、今度はあろうことか洗車休憩が入った。予定通り行けばシムラに着いてる時刻。なぜに山中で観光バスが洗車をする必要があるのか。乗客は中にいるままに外からホースで水が窓に思い切りかけられる。窓をしっかり閉めていたって-日本のバスじゃないのだ、窓だってしっかり閉まらない。その隙間からしぶきがあがる。喧嘩を売っているとしか思えない

でも業を煮やしてバスを降りていた連れが、いい情報を仕入れて戻ってきた。そもそもシムラのバスの停留所から登山鉄道の駅まで少し(タクシーで15分程の)距離がある。どこかでバスを降りてタクシーで登山鉄道の『シムラの次の駅』まで直接向かえば、予約している鉄道に乗れるだろう、とのこと。彼はわたしが不貞寝をきめこんでいた間、IRCTC(インド鉄道)へ電話して予約していた列車が予定通り発車することなどもちゃんと調べてくれていた。

そして次の休憩所には運よくタクシーがいた。急いで荷物をひっつかんで二人でバスを降りると何やら外が騒がしい。バスが不用意にバックしてそのタクシーにぶつかったらしい。しかもタクシーは新車だ。運転手同士がつかみ合いのケンカをしている。

でも客が来たからか、なんとかケンカをやめてくれた。今度はタクシーで『シムラの次の駅』へと向かう。バスはもう懲り懲りだ。悪路に変わりはないが、乗り心地は段違いである。

18:10に列車が来るその駅に17:45頃には着いた。登山鉄道に乗る目的はその車窓からの「景色」なのだが・・もう直に暗くなってしまう。ここでしばし夕焼けを楽しむ。
RIMG2056.jpg

RIMG2068.jpg

すると、ポ~~ッと汽笛が聞こえてきた。予定より少し早い。かけ足でプラットフォームへ向かう。彼が駅長に話しかけるが様子がおかしい。嫌な予感がする。そしてその予感通り、我々の目の前で列車は停まらずに通過していった・・・

列車を予約したのは自分である。登山鉄道にもエキスプレスとそうでないのがあった。予約した列車はエキスプレスで各駅停車ではないのだ。そのことをすっかり忘れていた。

ただ彼はタクシーの運転手にも駅長にもちゃんと列車名を伝え、ここに停車するかどうか確認した、なのになぜ!と憤る。どうにもこうにも再びどっと疲れるが、またもやバスで列車を追いかけ追い越しと、次の駅に向かうしかないらしい。

またバスか・・と思うと目まいがしたが選択の余地はない。そしてそこに来たのはまたもや満員のバス。小一時間再び立ったままバスに揺られる。車窓から見える-それはそれはほんとうにきれいな夕焼けになぐさめてもらう以外に気を晴らすものはない。
RIMG2052.jpg

RIMG2057.jpg

RIMG2069.jpg

そうしてなんとか目的の駅に着いた。再び駅長に事の顛末を説明する。実はこの駅にも予約した列車は停まらない予定だったのだが、駅長が列車の車掌に無線で連絡を取ってなんとか我々が乗り込めるよう手配してくれた。

「とにかく目の前に来た、乗れるドアから乗り込みなさい。」と、駅長。

疲れ過ぎていてその言葉の意味を深く考えないまま最初はただ待っていたのだが、プラットフォームから線路に降りろと指示されようやくその言葉の真意をつかむ。

列車が入線してきた。停まりそうだが停まらない。かけ足で速度を合わせて、走っている列車に飛び乗る!ここにきてド疲れているくせに、突然楽しい気分だ。たいした速度じゃないし、ムンバイでは走っているバスや電車に飛び乗るなんて日常茶飯事だ。でも、自分では普段しないし、ここは山中、列車は蒸気機関車である。なんだかすごい冒険をした気分に浸る

想像していた通り、無事列車に乗車できたものの外は真っ暗。ヒマラヤ山脈など影ひとつ見られる訳もなく。先日のマニカランへの帰り道にみた夜景を再び拝むことはできたが、乗車してほどなくして夕飯タイム、その後は寝てしまった。何はともあれ、もうバスは当分結構である。列車はいい。

RIMG2072.jpg

夕飯のロティが入っていたビニールバッグがなんだかやけにかわいいと思ったら、ケチャップのパッケージ1ダース分のシートで出来たバッグだった。

RIMG2075.jpg

RIMG2078.jpg

そうしてこうして無事カルカに到着。。ふぅ。

カルカ~シムラ間は、普通の寝台電車を利用。非常に快適だった。遅延もなく予定通り無事デリーに到着、と一行で終えてしまうのもなんだが、終えてしまいます。(下の写真は、早朝のデリー駅。)

RIMG2079.jpg

※インド鉄道の旅はどのクラスを予約すればいいのか、というところが初心者には悩めるところだと思うので、クラスの説明をわかりやすく紹介しているサイトをここで紹介しておく。

SEAT 61という、イギリス人旅行者の視点で、インド鉄道の旅初心者へ色々な事柄が説明されているサイト。

今回我々はAC2というAir-conditioned 2-tier、つまりエアコン付車両の2階建部屋を利用。シーツも清潔なものが用意されていてブランケットもあった。3-tierだとちょっと窮屈そうだが2-tierは十分快適だった。

鉄道切符予約は、Make My Tripの列車予約から。IRCTC(インド鉄道)サイトへの登録も必要だったが、Make My Trip経由で簡単にできた。

久しぶりにまとめ読み~
いや、インドってすごいね。
アクシデント続きすぎ?!それを楽しめるかどうかが鍵?!
旅行中は楽しむ余裕はほぼなかったと思いますが(^^;

でも夕日は、本当にきれい…

2013.03.21 22:49 URL | じゅえ伯母 #- [ 編集:Edit ]

じゅえ伯母ちゃん

インドでは想定外は想定内なのですが、楽しめるかどうかは心身の余裕度にかかってます!

うん、夕日も空気も景色も・・偉大な自然の中での休暇でしたv-46

2013.03.24 01:35 URL | YK #3v9IlUEY [ 編集:Edit ]













管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL↓
http://canopus3.blog66.fc2.com/tb.php/225-0ab70406

Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。