Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
前回に続き、今回もインドで絶大な人気を誇るクリケットについて、入門編その2!(現在22時。外は真っ暗!それでも窓から近所でクリケットを楽しむ近所の高校生~大学生男児たちの声が聞こえている。)

crick4.jpg

まずは復習。ボウラーが投げて、バッツマンが打って走って、ランを稼ぐ。一チームがまずひたすら攻めて、攻め終わったら交代。それぞれのチームがラン数を競います。これが原則。

今日はまず新しい用語の紹介!クリケット中継を見ていると、また仲間のクリケット雑談を聞いていると、しょっちゅうウィケットという言葉が聞こえてきます。ウィケットとは-実際には色々な意味で使われますが-写真にあるトリコロールの三柱門とその上に置かれている二本の横木、このM字型をしたものの呼称です。(三本の柱はスタンプ。)

またクリケットでは攻守の定義が野球とは逆であるということをわたしも最近知りました。このスポーツはウィケットの攻防戦であると。つまりバッツマンはボールがウィケットに当たるのを防ぐのが役目。よって空振りしても-ボールがウィケットに当たりさえしなければ、何度空振りしてもアウトにはなりません。野球のように三振してアウトになる、ということがないのです。

ただし空振りしてボールがウィケットにあたればアウトです。

rcb two batsman

また野球と大きく異なるおもしろい点はバッツマンがフィールドに二人いるということ。

ボウラーの側にもバッツマンがいて、二人のバッツマンはピッチの双方に立っているウィケットの間を、上手にお互いが入れ代わるように、そしてアウトにならないように、走らなければいけません。二人の呼吸を合わせることがとても大事になります。

打球が、バッツマンが反対側のウィケットにたどり着く前に、フィールダー(野手)から返球されてきてウィケットにあたったらアウトです。

下の写真では返球されたボールがウィケットに当たったところ。この倒れたウィケットに向かって走っている方のバッツマンがアウトになります。

wicket.jpg



下の写真は、ジュフー・ビーチでクリケットを楽しむ少年たち。この子たちはちゃんとクリケットセットを持参したみたいだけれど、少年らはクリケットをするとき、とにかく何かを3つ集めてウィケットを作る。棒状のものでなくても気にしない。路上だったら、それはレンガだったり、ブロックだったり。少年たちが帰ったあとに残された、太っちょレンガ三揃えを見かけるとなんだか微笑ましい。

DSCN4757_20130418025425.jpg












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL↓
http://canopus3.blog66.fc2.com/tb.php/230-f22fc900

Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。