Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
ムンバイの渋滞具合は、緊急時には救急車を呼ぶな、という皮肉な言われようが伝える通りだ。

交通マナーはあってないようなもの。

右折、直進優先信号等はちゃんとあるけれど、ラッシュ時には大抵守られていない。

右折車両がつっこみ過ぎて、十字路の真ん中で立ち往生し、信号が変わっても向い側の直進車両は進めない、という基本中の基本的な渋滞の構図だ。

そんな交差点にはお巡りさんが立ち、交通整理することもよくあるけれど、むしろそれが渋滞を酷くしているという意見の方が強く、わたしも同意する。

あれ、今日はいつにも増して渋滞が酷いな、、と思っていると、大抵お巡りさんが立っているのだ。

今日もそんな交差点に遭遇。

しかし、今日は様子が違った。反対車線の直進車両がグングン進んでいる。そして交差点に立ち、手旗信号をしているのはサラリーマンらしき中年男性。

ん?と思っていたら、交差点の向こうから救急車のサイレンの音が近付いてきた。

どうやら救急車が渋滞にはまって動けないのを見るに見かねた男性が、救急車をなんとか進ませるために、身体をはって交差点に立った模様。

救急車が無事交差点を通過したのを見届けたら、走るでもなく、静かにどこかに姿を消したので、恐らく救急患者とは他人だろう。

交通渋滞はムンバイのシンボルだけれど、こういう人がいるところも、とてもムンバイらしいと思う


※下の写真は会社のテラスから撮ったムンバイの空。












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL↓
http://canopus3.blog66.fc2.com/tb.php/261-3815c634

Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。