Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
全く知らなかったオステオパシー、という医学のおかげで、重度のアトピーがなんとか回復へと向かい始めたものの、その速度が思った程速くなく、むしろ遅々としており、更に闘病期間が長くなってきたストレス等も重なり、とても苦しかった10月でした。

我流の食事制限により栄養素が足りてないのでは、とオステオパシーの先生にアドバイスされ、ネットで検索、サプリでアトピーを治そうと指導しているドクターのサイトを参考に、サプリを導入したのが10月下旬。

マルチビタミン剤
ビタミンB複合剤
フラックスシードオイルカプセル
プロビオティックヨーグルト
酵素ドリンク

大豆プロテインとホエイプロテイン

最初、上記のサプリだけを摂っていたときは余り効果を感じられず、皮膚を作るタンパク質が足りてない、と再び先生に指摘されてから(11月中旬から)プロテインを摂り始めたところ、すぐにグン!と目に見える効果がでました。

感動しました。

パリパリと薄皮一枚でつながっていたような傷の上の皮膚が、みるみる厚みを増し、弾力も帯びてきて、艶まで感じられる程に再生しました。

アトピーは、タンパク質の分解が上手くいかないまま腸に吸収され、それが皮膚へと排毒される、という症状になるので、タンパク質を積極的に摂るどころか、無意識にも避けていた部分がありました…。が、今回の件はタンパク質の重要さを思い知らされる一件になりました。

その頃にはアレルギー症状がおさまってきていたものの、ひどいダメージを受けた皮膚を再生したくても燃料不足に陥っていたその時に、タンパク質を補充する大切さを教えていただき、本当によかったと思います。

つづく












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL↓
http://canopus3.blog66.fc2.com/tb.php/270-a1ba9cc4

Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。