Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
友人が新しいデジタルカメラを購入し楽しんでいる様子をブログで見ていたら、私も新しいデジタルカメラが段々欲しくなってきた・・

次、購入するとしたら・・
シャッタースピード(露出時間)を手動で設定できるもの
一眼レフが望ましいけど、今のコンパクトカメラが非常?に使いやすいので、やっぱりコンパクトなものがいいかな・・。

現役カメラ(プロフィール欄参照)は、私の初代デジタルカメラで、9年勤めた会社を退職しアメリカへ2ヶ月半マクロビオティックを学びに行く時に?2006年の夏に?購入した。今夏で、ちょうど丸3年。

まだ十分現役で使えるから、もう少し今の NIKON COOLPIX S5 と付き合おうとは思っているが、今日、最新デジタルカメラをサイトで眺めていたら、とっても今の私にビンゴな物(ブツ)が・・・!
それは、ちびちび三脚(『JOBY製 ゴリラポッド』)?

JOBY ゴリラポッド レッドコンパクトカメラに相応しく、そのサイズ(15cm×3cm×3cm、45g)は、持ち運びが苦にならない。でも三脚は、三脚。しかも、脚はぐにゃぐにゃと曲がりくねり、どこにでも巻きつけられる。耐荷重275gに対し、私のカメラは135g。問題なし

梱包材や運送にかかる各種エネルギー等を考えると、なるべくオンラインショッピングは控えようと思うが、最寄(?)ヨドバシカメラに電話して在庫を確認するもいつ行けるか分からないし、値段もAmazonの方が安く、我慢できずにポチッ(=購入)。お値段、1,717円也(税・送料込)。

素人でも、手振れしないこととピントをしっかり合わせることの2つを守れば、かなり上手に写真が撮れる、その為に三脚は必須、と(随分前に)何かのコラムで読んでから、軽量な一脚なり三脚が(ず?っと)欲しいと思っていた。

これまで防波堤やフェンス、ベンチ、ガードレール、その辺の岩、木等々、色々な場面で色々なところになるべくカメラを固定することで手振れを防ぐようにしてきたが、大体がカメラとの接地面が凸凹で、なかなか安定しなかった。

でもコレがあればっ・・・これで暫くは新鮮にカメラで遊べるに違いない。嬉しい



マクロビオティック。冒頭で(偶然にも)少し触れたが、3年前、アメリカはマサチューセッツ州の田舎にあるKushi Institute(クシ学院)にて、Kushi MacrobioticのLevel1&2コースを受講した。

Photo by YK : September 2006 "Kushi Institute" Becket, MA, U.S.


その名前を聞いたことがない人の為に、本来ならマクロビオティックとは、と注釈をつけ、消化不良な気分を味わわせることのないようにしたいのは山々なのだが、、その一行が書けない・・・そんな内容の記事であるので、ご容赦を・・・。

アトピー克服のためにマクロビオティック(以下、マクロ。※マクロビ、とも言われる。)を実践、悪戦苦闘をした経験上、そもそも悩みや痛みを抱えてマクロを始めようとする人/している人には、同じ過ちによる苦労はして欲しくないと思う。

・・思うが、苦労や体験は何一つ無駄ぢゃない、という声も天から聞こえてくる。そこからしか得られないことがあるのだから、と・・。

・・ジレンマ。

インターネットのある便利な世の中で、マクロビオティック、というキーワードだけで情報収集が可能、そして、その情報の海に溺れてしまっている人が凄く多いのではないか、と案じてもいる。が、そのインターネット上に、こうして自分もまた情報を落としている。

・・矛盾。

マクロを通して、素敵な出会いを幾つも経験した。今もその大切な仲間達と、それぞれのマクロについて話をし、一緒に悩む。日々思考錯誤、皆がそれぞれのマクロを実践している。マクロとは・・単なる健康になる為の食事療法ではなく、Kushi Instituteでは「指圧」の授業もあったし、「九星(Nine Star Ki)」の授業もあり、もっと包括的な感じ・・。

ヨガが、アーサナ(ポーズ)=ヨガではない(プラナヤーマ(呼吸法)があり、瞑想がある)ように、マクロも単純ではない・・と言っても、複雑でもなく・・。あぁ、ジレンマ。

Photo by YK : October 2006 "Kushi Institute" Becket, MA, U.S.


マクロについて説明は出来ないが、マクロを学びたい!実践したい!という人に向けて、自分が何か出来ることはと考えたら、一冊の本が浮かんだ。とりあえず、今の私に出来ることは本の紹介ということで、それをここで紹介したい。(ブログ内のAmazonウィジェット(my favourites)内にリンクあり。)

『マクロビオティック 和のレシピ』 西野椰季子(にしのやすこ)著 (サンマーク出版)

マクロ情報に食傷気味で過敏だった時期もあったが、その時にも西野さんの発信するそれには嫌悪感が湧かなかった。今は、彼女のメールマガジンを購読している。

この本は、普通の”美味しい野菜料理のレシピ本”として利用でき、かつ、マクロを実践したい人の要求もちゃんと満たしてくれると思う。ページを繰り、食べたいと思った料理を作り、味わってみて欲しい。

マクロについて書き始めたら、いつもの如く長くなったから、Kushi Institute(寮付きのマクロビオティック学院)の写真なぞ掲載してみた。

上?左:
ここの一階のキッチンや部屋で授業を受けた。地下はランドリールーム。巨大な乾燥機は、全ての衣類、シーツ等に利用していたが、そこにスニーカーを放り込む米国人もいた…。
上?右:
敷地内は緑豊か、というか緑しかない。童話に出てきそうなブランコがそこにあった。
下?左:
敷地内からの景色。周辺は、紅葉が美しいと全米内でも有名な地域。だが、日本の繊細な紅葉を知っている者には、葉も大きく色も単調に感じ、広大な土地だけに、行けども行けども同じ景色…で、すぐに見飽きてしまった。
下?右:
天気の良い日は、この中庭で食事をした。多少寒くても、風が多少強くても、外での食事は気持ちが良くて、皆好んで外に出た。

そう、ゴリラポッド私もチェックいれてました。
さすがYKちゃんお目が高い。
私のカメラは重いので、買うならひとサイズ大きいのかな、、、と思ってます。

いろんな経験をすることは、無駄じゃないと思うよ。
たしかにわざわざ苦労することはないけれど、経験は貴重です。

2009.10.07 05:05 URL | Pesce rosa #LlM0FXvI [ 編集:Edit ]

e-453Pesce rosaちゃん
おぉっ、そうだったのね。Ghori良い感じだよぉ~。フラッシュをたかずとも、室内であっさりシャッターが切れるのは嬉しい限りe-278そだね、一つ上だと可愛さが半減して、若干グロテスクと言うか、スパイダーマンの衣装i-198チックになるけど、お手軽三脚には違いなく。

コメントありがとうi-175そうだよね、経験は貴重だよね。余計なことを言って、その人の貴重な経験(をする機会)を奪うのもいけないよなぁと思います。・・あぁ、バランスをとるのって難しい・・i-232

2009.10.08 00:23 URL | YK #3v9IlUEY [ 編集:Edit ]













管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL↓
http://canopus3.blog66.fc2.com/tb.php/53-3b11f4e5

Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。