Mumbai days

アラビア海に面する西インド、ムンバイ(旧ボンベイ)での日々。
My daily life in Mumbai(Bombay), West India! Enjoy my photos!

Photo by YK : CST Station, Mumbai, India

since 2009.06.07

My Profile

YK

author: YK

2010年4月よりムンバイ在住。星観望が好き。
ムンバイで、初めて カノープス(Canopus)アガスティア(Agastya) と呼ばれ、大切にされている星-を観て感動。それが、このブログのURL(http://canopus..)の由来。

(旧ボンベイ)ムンバイの地図は、ここをクリック。

My Bookmarks

My Tags

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | Trackbacks(-) | Comments(-) | Top▲
日本語は英語の後に
Today I happened to find one guide book that tells about the Mayan calendar, and that is the 13 Moon calendar. As the content interested me in a moment, I got it .

Seems to be really interesting. Actually it is not a book; it is a kind of thin paperback. But I have never ever seen that sort of book which explained the detail of it so deeply and compactly. I feel this is a genuine guide.

In a way, I can say that I am a susceptible person; when I was about 12-year-old I was so addicted of one comic in which there is a hero who is a descendant of the Incas (!!) that I got to be interested in the Inca Empire..

チチェンイツァ遺跡チチェンイツァ遺跡:球技場の壁画

Photo by YK : 1998.02.10 "Chichén Itzá" Yukatan, Mexico

It was about 10 years ago that I visited Cancun, Mexico, with my friend, and we went to the Chichen-Itza which is the ruins of the Mayans. It was awesome and really fun.

Since the paperback reminded me of good memories about the trip, I uploaded some photos of the ruins.

Anyway back to the story. In the paperback, they say that we shall feel and live along with rhythm of the universe, and the 13 Moon calendar can be the guide and so on.

And the new awareness which helps us to do that comes through synchronicity.

So, they suggest keeping a "synchronicity" diary.. I think it might be a good idea.. Actually it has frequently happened lately.. so I'd like to try that here!

In my life, the most amazing synchronicity experience has happened in Mumbai, which must be something.. I really look forward to it after moving to there.

P.S. See also comments (below)
in which I introduced one of my experiences.



今日、たまたまマヤ暦?13の月の暦?のガイドブックに出合った。ふと手にとり中をみたら、あっと言うまに興味津々、即購入

非常に興味をそそられる内容・・・。このガイドブックは、ガイドブックといっても本ではなく、薄いペーパーバックの類。でもマヤ暦について、これほどまでに深く、しかも簡潔にまとめてある本に出合ったのは初めて。

ある意味、私はとても影響を受けやすい人間である。小学校高学年の頃、とっても夢中になった漫画に登場したかっこいい男の子はインカの末裔(!!)。・・それ以来、インカ帝国にとても興味を抱くようになった。

約10年前に友達とメキシコはカンクンを訪れたときに、マヤ文明のチチェンイツァ遺跡へ行った。とにかく何もかも凄くて、本当に楽しかった。ガイドブックを見ていたらあのときの旅行の事を思い出したので、遺跡を訪れたときの写真を幾つかここに掲載する

話を元に戻すと・・
そのガイドブックには、私達はこの宇宙のリズムを感じて、そしてそれに則した形で生活をしましょう、13の月の暦はその指針になります、、といったことが書かれている。

また、その手助けともなる気づきは、シンクロニシティを通じておとずれると
だから『シンクロ日記』をつけるとよいと提案している。
・・これは、なかなかいいアイデアかも知れないと思った。実際、最近、よくシンクロニシティが起きているし、このブログを利用してつけてみたいと思う。

今までで一番驚嘆すべきシンクロニシティ体験は、ムンバイでの出来事。・・きっとこれは、何か意味があると思う。移住後が楽しみだ。

シンクロニシティ:共時性、意味のある偶然の一致等と訳される。Wikipediaの説明はコチラから。

P.S. コメント欄に記載した、私のシンクロニシティ体験の一例:
 日本に住むインド人の友人が一時帰国し、職場にインドのお菓子を手土産に持ち帰った。そのお菓子を見て、彼女は私のことを思い出した、私はその職場を離れて既に1年近く経っていたにも関わらず。
 翌日、彼女は私からメールを受け取る。そのメールには、私は突然前日にインドのお菓子が無性に食べたくなり、彼女のことを思い出した、と書いてあった
 実際のところ、私達はしばらくメール交換はしていなかったし、確かに私はそのお菓子が好きだったけれど、そのことが私達の間で何か特別な意味を持つ、といったことはなかった。それにも関わらず、の出来事。
 その結果、その翌日に私達は再会し、(私はお菓子を味わい、)そして二人ともお互いに連絡を取ろうと思いつつも、今までためらっていたことが判明。結局、このことがあって私達の友情は深まり、今も続き、今度も途絶えることはないと思っている

チチェンイツァ遺跡のピラミッドThis is the pyramid of Kukulcan who is a god of the Mayan. It has a total of 365 steps.

The angle of the steps is 45-degree !! as you can see that in the photograph below. Really scared to go up and down.. but we made it bravely.

チチェンイツァ遺跡:"ピラミッド頂上にて"45-degree steps!!
On the way back to the hotel, we stopped at a local cafe (below). And now my friend in photos (above and below) is a mother of two sweet kids..
頭の上にビールをのせて運ぶウェイター達レストランの外で友達と記念撮影

Yuki, that was a sweet story. Thanks. I am still not sure what "synchronicity" means, though...how does one keep a synchronicity diary? And what is the synchronicity experience you had in Mumbai? If it is too personal, just say. No problema.
Love
Susan

2009.10.18 06:02 URL | Susan #- [ 編集:Edit ]

synchronicityってなんて訳すんだろうね、、、「意味ある偶然の一致」ってとこかな。
それともシンクロは既に日本語になってしまったのでしょうか。
9年も外にいると、ちょっと日本語事情に疎い。
日本語は日本経済新聞読むだけだしね。

最近煮詰まってるので、私も偶然の一致に気をつけてみよう。その時は、あぁと思っても、
書かないと忘れてしまったりするのよね。書いてみます。

ところで、イタリアでは最近若者が、(って言っても、10代の学生たちですが)
マヤ暦が2012年に終わっていることを、しきりに話題にしています。
正確には暦が終わっているんじゃなくて、サイクルが完結するわけなんだけどね。

チチェンイッツア、、、、行ってみたいな。
あこがれの場所です。またね。

2009.10.18 06:36 URL | Pesce rosa #LlM0FXvI [ 編集:Edit ]

v-47Hi Susan,
You're most welcomev-344.Well, this is another story but I have regarded it as a synchronicity experience.

When my Indian friend was back to Japan from India, she had the Indian sweets for colleagues at the office. That sweets reminded her of me, although it had already been 1yr since I left there. On the next day she recieved an e-mail from me, and that told her the previous day suddenly I was eager to taste the Indian sweets and then it reminded me of her. - How do you think about this?
In fact we had not exchanged e-mails for some time and I liked that sweets certainly, but that was not a special thing between us. However, this thing has happened. As the result, we could meet the next day (bcoz the sweets should be fresh!) and know that we both had hesitated to contact each other somehow. Eventually our friendship got to be firm and now goes on and will continue forever!

See also here. http://en.wikipedia.org/wiki/Synchronicity

And so how to keep a diary is just to take a note of coincidentally-generated events for you. ..Does this make sense??

v-47Pesce rosa さま。
i-70では「シンクロニシティ(共時性)」。片仮名のシンクロだと、synchronizationの方になっちゃうかな~。i-70には・・時間は様々な周期を持っている/時間の周期は、宇宙のリズム・天体の運動に基づく/異なる周期が同期するとき、共時性が生まれる等々の説明あり。

今日、一通り読み終えたけれど、とても深い…i-189
約5125年のサイクルが2012年の冬至に終わり/始まる、ということで、このi-70も、新たなサイクルを前に13の月の暦を用いて皆宇宙のリズムにのりましょうキャンペ~ン、の一環で出版されたようです。

しかし。チチェンイツァも階段数が、91段×4面+最後の1段=365段=地球が太陽を一周する日数(365日)、となっているように、ガイドブックを読んでいても、数学の問題集(・・何だっけ?高校の時のオレンジ×緑のアレe-330)の「解答の解説」を読んでるはずなのに、解答が理解できない、という哀しい想い出を思い出す程、なかなかどうして難解な暦ではあります。一緒に見れないのがとっても残念だわ~。

2009.10.19 19:46 URL | YK #3v9IlUEY [ 編集:Edit ]



>数学の問題集(・・何だっけ?高校の時のオレンジ×緑のアレ)

ははは、「オリジナル 数1」とか「オリジナル 代数幾何」とかのこと?
あれ、時々夢に出てくるよ。「オリジ」と呼んでいましたっけ。
すごい色だったよね、オレンジと緑。(白もちょっと入っていたっけ?)
難しかったよね。
解説あってないようなものだし。
(というか、解説あったっけか?正解だけしか載ってなかった気が。)

あの問題集やってた頃から、ずいぶん遠くにきたもんだ。

2009.10.20 22:48 URL | Pesce rosa #LlM0FXvI [ 編集:Edit ]

v-47Pesce rosaちゃん♪
そうi-199オリジッi-199Grazie millei-175
・・あぁ、枠線が白かしらネi-70しかし、夢に出てくるって貴女i-229・・疲れ過ぎっi-237
オリジのBの方-帰納法で説明せよ的な問題-には『一応』解説あったんだよ。でも解説のくせに「簡潔に」導かれててi-191、結局デキる同級生に省かれているプロセスを解説してもらったりしてたよi-227…。

・・確かに、遠くまで来たね。(・・果たしてオリジを頑張って解いていた努力は結実しているんだろうか(反語)・・i-232

2009.10.20 23:17 URL | YK #3v9IlUEY [ 編集:Edit ]













管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL↓
http://canopus3.blog66.fc2.com/tb.php/61-61500421

Since 2009.10.07  . . . I LOVE flags!!
Free Flag Counter

Recent Comments

Recent Entries

Categories

Monthly Archives

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。